2008年02月17日

ダルフール。



先日、スピルバーグが北京オリンピックのボイコットを表明したように、ダルフールは、本来、より注目されるべきニュースなのでは無いか?

中国に人権や人命の重視を促すつもりは無いけれど、少なくとも、他国の虐殺に関与すべきでは無い。
李下に冠を正さず。
です。
http://www.news.janjan.jp/world/0705/0704304639/1.php
posted by ぼへみあん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風船おじさんから、気球おじさんへ




風船おじさんが消息を絶ってから約15年、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%98%89%E5%92%8C
その当時の大騒ぎに比べるととても静かに気球に乗った神田さんが消息を絶ち、そしてその捜索が打ち切られた。
神田さんのインタビュー等は
http://www.skynet-1.com/skyleisure/10.html
に書かれている。

私自身が非常に臆病で、決してロマンと命を天秤に掛ける勇気を持たない。だから、神田さんや鈴木さんの挑戦が無謀な事なのか、それともロマンなのかを判断出来ない。

ただ、一生懸命生きてきた証をより安全に残す余地が無かったのかなと思う。
posted by ぼへみあん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グアンタナモって。。。秘密のベールは?


素朴に疑問だった「グアンタナモ米軍基地」。


確か、この本でも、その利用が書かれていたと思うが、政治犯収容所的な色彩の濃いところで。。。
そもそもの疑問は、何故、キューバ(アメリカに敵対する国!)に米軍基地があるのか??と言うこと。
その詳しいところは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A%E3%83%A2%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0
で書かれているけれど、敵国にあると言う事で、マスコミなんかの目にも触れない地政学的な位置におかれた不思議なところなんだろうな。

果たして、このニュースはグアンタナモの全貌を明らかにするのか、それとも「エリア51」のように「とんでも」な世界とされるのか。。。
posted by ぼへみあん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



秘策と言うより、こぼれ話ですよねぇ。
この時代、と言うより毛さんたち当時の共産党政権の特徴は、「大局観」が実は、非常に矮小な目線で出ていた。。。と言うことでしょ。
今の「小皇帝」とか、「黒孩子」も、この頃と変わらぬ基本姿勢だと思う。

今でこそ異常と言われるかも知れないが、去勢等々も積極的に行われていた時代において単なる冗談で明かされた話しだとは思えない。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1998/00560/contents/044.htm

人口政策と言うより、国民統制政策。。。なんだろうな
posted by ぼへみあん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。