2008年02月18日

自己紹介 その1

自己紹介しまぁす。(たむらけんじ風に)

これまでのエントリーは、殆どがニュース記事の引用でした。
ここから先、少し自分自身の事も書こうかなと思っています。

年齢等々、プライバシー情報は勘弁くださいと、前置きをしながら。

ソフトウェアベンダー勤務のコンサルタントみたいな事をやっています。
正直、今の会社は、相当にぐちょぐちょで、かつて「月に一人の入れ替わり。一人が辞めて一人が入る」と言う状況が「月に2人の減少」に変化しています。
いえいえ!決してリストラじゃ無いんです。嫌気が差して皆、辞めて行くだけ。
そんな会社のような体裁のオフィスに毎日行っています。

当然、そんな環境なもんで、忙しく無いです。入社以来、こんな暇なのは、かつて無かったぁ。

主な仕事は他国からの問い合わせ対応。と言っても、かつて協力を得ていた仲間が心配して、色々と聞いて来ているってのが正解でしょうか。

当然、そんなに暇なのが私だけかと言えばそうでもなく、営業案件そのものがメチャメチャに少ない状況です。ってな事を書いているので、あたしの身分がバレたら不味いですよね。

ただ、もう親しかった同僚も殆ど残っていないですし、私自身もそろそろ潮時ですなぁ。

今、日本の組織としては、一生懸命、本社や他国の偉い人たちに「ビジネス拡大するぞ!」と言ってるようですが、去年の後半から殆ど売れてません。と言うか、売れていないチームと、売らないチームの二極分化が起きていました。売らないと言うと、かなり反逆的ですよね、組織人としてあるまじき行為!と怒られるでしょう。私も、その生き残りです。
そう当然、パージされてきています。ただ、そこに至るまでに様々な事がありました。
売らなくなった理由を簡単に言ってしまえば「嘘つきには成りたく無い」と言う事でした。
かなり強引な要約ですが。
その意図が今の日本のマネージメントの意向と添わなかった事が発端だったように思います。
そして、多くの人が討ち死にと言っては失礼ですが、退職されるか、あるいは解雇されて行きました。その中で、訴訟沙汰に成る事も少なく無かったようです。

その様子、友人があたかも晒者のような扱いを受けたり、あるいは失意の内に去って行く、そういった「日常」を見ていてヒートアップしていた時期もありました。しかし、今、殆どの友人が去り、そして非常に冷めた見方をするようになりました。
「この組織は、完全に腐った。日本だけ?それとも。。。」と。
会社に貢献する意図は無いと言うのが正直なところです。少し前は「日本法人」を会社の単位にしていましたが、今は本社も含めた会社です。今、腐れた部分が本社にまで見えてしまったから。。。

そんな私ですが、体裁は会社員です。暇な時間、殆どが、そうなんですが、ブログ書いたり、ネタ拾ってたりしますので、、、よろしくお願いします。
posted by ぼへみあん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっとこ前、登場! ツアー・オブ・カリフォルニア ー プロローグ



ようやく、プロツールも序盤と言える段階になりつつありまして。
うーん、このコースを聞くと、「ああ、シリコンバレー逝きてぇ」と思う訳です。
で、カンチェラーラ。男の私から見て、プロツール選手の結構な数が「男前やなぁ」と思ったりするのですが。。。(バルベルデは、エガちゃんを思い起こしたりもしますけど)その中でカンチェラーラは一番、カッコえぇなぁと思うのです。

今年も、大騒ぎの中で始まったシーズン、彼のような思い切りの良い走りで悪い雰囲気を一層して欲しいものです。
posted by ぼへみあん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷が嫌いになっちまう

昨年ぐらいから、、、いや、きっとその前から有ったのだろけど、とにかく物凄く気に障るのが、「トラックアド」だとか「ラッピング車両」と言われている奴だ。
バスのラッピングや、物流でマトモに使っている車体に、それなりの広告を貼り付けるだけなら、問題無いし、その広告収益で輸送費自体の軽減に役立つなら、荷主も納得だし、最終消費者としても賛成だ。

だけど、特に渋谷と来たら酷いもんだ。
昨日も、ハチ公前から歩いていたのだが、右翼の街宣車よりも大音響な事に気づいてしまった。あくまでも体感だけれども、絶対に、右翼の方が「静かだ」(苦笑)

目の前をパチンコやらアルバム、清涼飲料水のポスターやフィギュア(?)を見せ付ける車が沢山居たが、唯一、「ゆるせるかも」と思ったのはホッピー!だけ。理由は「音楽鳴らしてないもんね」と言うだけなのだが、とにかく煩いのだよ。。。

ハチ公から、公園通り、東急本店前を通って道玄坂、そして渋谷西口前に戻ったが、とにかく煩い。渋谷なんて、それでなくても巨大モニターに流されるCFやら、センター街のようにBGMが掛かっていたりと掛ける側の都合だけで流される音楽、すなわち騒音に塗れているのに、その上、あれだ。
しかも、この間は4WD車の上にスピーカーを乗っけて走ってる奴がいた。

それなんかになると視覚的インパクトが低いためなのか、音量は、トラックより更にでかいのだ!

何が、CO2対策だ!!!どうせトラック主体でディーゼル燃料だろうけど、それだって、CO2は生んでいるのだよ。

http://www.mitsubishicorp.com/jp/pdf/pr/mcpr040119.pdf
を見る限り2004年の段階では、どうやら東京では規制対象だったのでは無いのだろうか?
規制は緩和されたの?それとも、取締りをしていないだけ?

少なくとも
− 騒音発生源
− 渋滞発生源
− 無駄な二酸化炭素発生源

こんなもんの広告効果を期待する企業も
こんなもんで購買意欲をそそられるユーザも
こんなもんで金儲けをしてる企業も
どっか行っちゃえ!!!
posted by ぼへみあん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みずほ証券のチャレンジ

http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200802160001a.nwc
銀行系の証券会社。。。と言うより投信会社は、時々、もの凄くアグレッシブ!
金融機関の趨勢として、富裕層の囲い込みを推し進める中の動きが進む中で、印度の有力財閥と手を組むとは、少し予想外だった。
あくまで素人の見方でご指導をいただければありがたいが、「旧」みずほ証券の動きと言うより5月以降のスキームを目指した動きなのでは無いかと思われ、寧ろ新光的な動きに見えるのだが。

ただ、ほぼ同時にhttp://www.kabutocho.net/news/livenews/news_detail.php?id=63137
と市場の反応が冷ややかだと出ているが、やはりチャレンジだと受け止められているのだろうか。

ただ、少なくとも、現状のままで国際戦略で舵取りが出来なければ、単なる国内銀行グループでしかなくなるわけだし、巨額の投資をしたSOX対応や最近ではCITIへの投資などFGとしての辻褄が合わせられなくなるだろう。

他の証券企業だけではなく、銀行系グループでの動きにも興味を持ちたい。

日本頑張れ!
投資立国、、、、できるんかなぁ
posted by ぼへみあん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。