2008年02月26日

浅田次郎著: 五郎治殿御始末 (中公文庫)

浅田次郎先生の歴史短編集です。幕末を舞台に、江戸から明治に戸惑いつつ生き延びて行こうとする侍達を描いています。
本編とは別に、付録として付けられている「御一新前後 江戸東京鳥瞰絵図(今尾恵介)」が、

本作を読みながら、あるいは読み終えた時に有り難い。私自身は東京で生まれ育ったものの、

都内の古い地名が今の風景と中々マッチしてこない。

桜田門と彦根の藩邸との距離感なんて説明されても頭の中で配置しきれない。
そんな私には有り難かった!



そして、浅田作品に私は毎回泣かされてしまう。飛行機の中で映画化された「地下鉄に乗って」を観ていた時も、
泣いていたし、本作でも何度か実際の地下鉄の中で何度かホロリと来ていて気恥ずかしい思いをしていた。

本作の更に罪作りな事は、解説にまで泣かされた事だ。磯田道史氏の解説は、歴史学の視点から

実に見事に表題作を中心とした解説、浅田イズムの解説をされている。ここで、最後の涙だった。



久々、楽しませて頂きました!
posted by ぼへみあん at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江原啓之「大学教授」就任 スピリチュアルではなく「生命倫理」教える

江原さんが大学の客員教授だそうで。。。
J-CASTニュース(http://www.j-cast.com/2008/02/26017112.html
霊能力とか超能力、幽霊、宇宙人、UMA。結構、好きなんですオカルト系は。
でも、細木さんとか、江原さんは何故だか受け付けない。どうも、サブカルチャー系の「独立心」「反骨心」みたいなところと対極にいらっしゃって「名誉」とか「権力」「支配」みたいな新興宗教的なものを感じるんです。弱い物につけいるとか。
あくまで、一視聴者、一読者としての感覚的な受け止めなのですが。
この新興宗教的な匂いは何なんでしょう。。。信じなければ悪とか不幸になってしまったり、あるいは言い包められないとKY扱いされてしまいそうな、あの雰囲気がとても嫌いなんです。

そして、このニュース。
やっぱり江原さんは、語りたいんですね。と言うか騙りたいのかと書きそうになってしまったのですが、、、
生命倫理をどのような観点で騙るんで 否 語るんでしょうか?ご先祖様を大切にしようとか言うんでしょうか?う〜ん、それだと生命では無いんですよね。。。教科書だけ見てみたい気がします。講義に出たいとは思いませんが。旭川まで見学に行きたいとは思いませんが。。。

旭川大学(http://www.asahikawa-u.ac.jp/)、創立は明治31年、今年110周年の伝統校なんですね。サイトには教授陣の紹介ページもありますが、ここに是非是非、どかんと江原氏の顔を載せてもらいたい!なんだか、シュールな感じになりそうでワクワクします。

Wikiでは「旭川大学の人物一覧」で卒業生がリストアップされているのですが、不勉強なため、小梅大夫しか知らなかった。
ん??ん?小梅大夫が化粧を落とすと江原さんなんてこたぁ無いっすよね!?
posted by ぼへみあん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝ち馬に乗る? ー<08米大統領選挙>クリントン氏、支持基盤崩壊か 最新世論調査で


中々、ショッキングなタイトルでAFPが報じている。よくよく見れば支持基盤崩壊と言うより、世論調査の内容を報じているだけなのだが。
こう言うタイトルから勝ち馬に乗るところが出始め、山が崩れるのかな。

結果が出なければ判らないが、クリントンの最近の行動が「慌てふためいている」ようにしか見えなくなってしまった
posted by ぼへみあん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あえて宗男目線で

本日、鈴木宗男議員に対しての控訴審で控訴棄却、一審支持の実刑判決が下った。
(東京新聞:2008年2月26日 「鈴木宗男議員、2審も実刑 受託収賄など4罪認定(http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008022601000298.html)」
各サイトでは既に宗男批判の書き込みが行われているが、あえて、宗男目線で見たいなと思って、書き始めたところです。

国会で「疑惑のデパート」と呼ばれ、恫喝から汚職まで様々な「昭和の政治手法」を使ったとされる宗男議員。ある意味、頂点から崩れ落ちた形で今は「新党大地」の代表である。
その手法や人脈から竹下派から橋本派に属したと見られがちだが実際には他との関係もあり竹下派に所属した事は無かった。しかし、その集金能力の高さは、やはり後見たる金丸信直伝だったのかも知れない。

さて、鈴木宗男氏に対しての私の評価は北海道・林野利権に絡む部分を予め除外する。あまりにドロドロとしており、彼の関係した内容と、そうでは無い内容とが今回の裁判のように混在していると思われるからだ。評価点は外交問題に焦点を当てたい。
彼の失脚直前、「2島返還論」等で売国奴と私は認識していた。「利権を取るか、領土を取るか」のせめぎあいが存在し、利権を優先した宗男は売国奴であると言うのが、当時の若干右系から出された評価だったと思う。
その後、佐藤優の著作で、宗男に対する私の評価は大きく変わった。まず、「利権も取るし、領土も取る」それが、共産主義を捨てたロシアと交渉する上で最大のコンセプトだったと言うことだ。また、当時、これらの主張は宗男の暴走、あたかも満州における関東軍のような独走によるものとされていたが、どうやら事実として時の総理大臣でった橋本、小渕らの承認、指示を受けての行動だった事が明らかになっている。恐らく、鈴木・佐藤両氏は車の両輪の様に、下地を佐藤氏が構築し、その上で敏捷性のある鈴木氏の行動によりロシアに相当の人脈が築かれたのであろう。また、これも佐藤氏の著作によるのだが、東郷氏を初め幾人かの人物を含めて、十分な理解を得ての行動だったと認識している。
現在の対露外交だけでは無く、北朝鮮、中国との付き合い方を見ていても、恐らく当時に比べて退行している事は否めないだろう。
そう言った展開の中で、小泉氏が登場し、外務大臣も田中真紀子が登場するに至り、今の混迷が始まったのでは無いだろうか?それまで、渋々でも鈴木氏を中心とした対ロ外交が動いていた中では、鈴木氏の顔色を窺っていれば、官吏としての外交官の仕事が出来ていたのに対して、田中氏の正反対の顔色を窺う必要が出てきた。そして片や総理からの命令で動く一議員、一方は国務大臣且つ真上の大臣だ。二人の路線対立を上手く利用して浮かび上がろうとする小役人が居るのは、自然の成り行きだろう。そして鈴木氏に様々な疑惑出てくる。これに乗じて、「落ちた犬」を叩くように、外務省からのリークがマスコミや政権中枢に流れ込んでいた。これを佐藤氏は「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて 新潮社」(http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%BD%A0-%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%84%AA/dp/4104752010)等の著書の中で宗男氏の「嫉妬心の無さ」が田中氏や外務省の役人の嫉妬に気づかせなかったと語っている。

これはサラリーマンをやっている自分でも、よく思うことだが、人間の中には、人の成功を許せないタイプ、あるいは自分に対する他者の評価が常に低いと思うタイプが存在する。そして、このタイプの人間の多くは、自分よりも評価を受けている人間に大きなエネルギーを嫉妬としてぶつけていく。それもストレートにぶつけるのでは無く、非常に巧妙に策を巡らせることが多い。そして、その事に同種の人間は気づくけれども、気づかずにスポイルされる人が多いことも事実だと思う。宗男氏も、こう言った流れでターゲットとされたのでは無いだろうか?
一方、スポイル、あるいはクーデターに成功した人間は、概ね、自己を過大評価している。そのために、スポイルにより空いたポジションに座ったとたん、それまでの評価が正しかったことを周囲が痛感することになる。つまり、仕事が出来ないのだ。
そして組織が弱体化する。

企業なら代替するライバル組織が存在し得るが、公の機関では、国益を損なうのだ。

重ねて、北海道、あるいは林野行政に対して宗男氏は悪行を働いていたのかも知れない。そして、裁判所は相変わらずの機能不全を晒しているのでは無く、正しい評価をしているのかも知れない。ただ、彼の「ムネオ日記(http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html)で明記されているように質問趣意書として、行政の怠慢や横暴が晒されている事実は、少なくとも彼が議員として「無駄飯食い」をしていない事の証明なのでは無いだろうか?

世の中、白と黒とで分類できれば楽なんだが。。。

posted by ぼへみあん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ、ネガティブキャンペーン頼り − <08米大統領選挙>オバマ候補の「ターバン写真」、出どころはクリントン陣営か?



さぁ、アメリカの大統領選挙もいよいよ泥仕合に入ってまいりました。と言うよりクリントンの「必死さ」が悪い意味で伝わってきます。
実際に見やすい写真を探すとABC Newsの「Clinton Blasts Obama's Foreign Policy Readiness」
http://abcnews.go.com/Politics/Vote2008/story?id=4340399&page=1
で、華々しく取り上げています。
ただ、この写真を見てみると、なんだか「旅先の文化を民族衣装で体験」ってな気がするのですが、如何でしょ。
この段階での、この手の情報流出の出所は、自作自演かこき下ろし、いずれにせよ真相は藪の中から出てこないと思われ、結局、有権者の心証に委ねられるでしょう。思うのは、素晴らしいタイミングでの情報流出がオバマ陣営にもたらされたということです。
「クリントン氏、止まらぬオバマ氏中傷 呼び捨てで「恥知らず」」(MSN.産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/world/america/080224/amr0802241710004-n1.htm)
「ヒラリー候補のオバマ候補攻撃は空振り」(Nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080222-325471.html
)
と言ったように、クリントン側から攻撃的メッセージが出続けている事実があった上で、この写真を見ると「ヒラリー必死や」と思う方が自然な気が致します。

いずれにせよ、民主党の大勢は決まったと言う象徴のようですが。
posted by ぼへみあん at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク首相、トルコ軍撤退を要求・「越境作戦は地域の脅威」

イラク首相、トルコ軍撤退を要求・「越境作戦は地域の脅威」(NIKKEI NET)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080225AT2M2500E25022008.html
イラクが一応、主権を主張している。
中日新聞によれば、PKK側の死者はトルコ軍発表で112名となった。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008022401000579.html
この記事で、気になるのはクルド自治政府バルザニ議長が「トルコがクルドの市民や民間施設を攻撃すれば、大規模な反撃を開始する」と言っている点だ。

クルド自治政府が元々PKKを支持しているのであれば、あくまでゲリラ、テロ闘争の理由付けだが、そうでなければ、トルコに対するクルド積年の怒りが爆発するのでは無いかと恐れる。

クィネルの小説にも取り上げられていたと思うが、クルド人は常に少数民族としてイラク、トルコ、イラン、ソ連、アメリカの間で弄ばれて来た。そして、自立をしようとすれば、激しい弾圧を受ける繰り返しだった。そう言えば、青山の国連大学で難民として認定される事を目的にハンスト等々をしていたイラン人一家(と報道されていた)が、彼らも歴としたクルド人だったと記憶している。
取り上げられる事は少ないが、非常に身近にも存在する問題なのだと思う。

政治的、歴史的、宗教的背景を持った少数民族と政府の対立。例えば、中国でのチベットやイスラム教徒、ロシアでのチェチェン、イギリスではIRAの問題がパッと思いつく。私自身は、弱者が政府、権力を相手に戦う中で軍事力を相手とした「奇襲」と言う戦法としてのテロは存在してしかるべきだと考えている。しかし、その手法、目的、あるいは対象が過激化し、9.11のように一般人の大量殺戮を目的としてしまうケースは、「テロとの戦い」が正当性を持つ。決して、それが矛盾した考えだとは思わない。

ともかく、この紛争が早期に終わり、イラクの正常化の妨げとならなければ良いのだが。。。

posted by ぼへみあん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。