2008年02月27日

春のおすすめ EQUIP "For Your Love"

今朝は、少し遅めに起きて、お客様との打ち合わせ。
なんか、最近は定時にオフィスに入ってたりして、本当に久しぶりにノンビリ出勤。


空気は、それでも冷たいけど、だいぶ春めいてきた日差しを浴びての選曲は、EQUIP/For Your Love
Late NightやらBy My Sideなんて、めっちゃキャッチーなんだけど、それが”春”って感じっすなぁ。是非のおすすめでヤンス!


posted by ぼへみあん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな物、もの、者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警官はモラルを持って強くなれ! ー 警視庁滝野川署巡査長、「注意きかない」少年ら拳銃で脅す

Yomiuri Online
(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080227-OYT1T00603.htm?from=main4)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 注意をした少年が指示に従わなかったため、貸与されている拳銃を抜いて脅したとして、警視庁が、同庁滝野川署地域課の男性巡査長(27)を特別公務員暴行陵虐の疑いで調べていることがわかった。


Click here to find out more!



 同庁によると、この巡査長は26日午後8時35分ごろ、東京都北区滝野川2の路上で、騒いでいた少年3人に注意した際、言うことを聞かなかったため拳銃を抜き、立ち去るよう脅した疑いが持たれている。


 少年3人にけがはなかった。110番で苦情の通報が入ったため、巡査長のほか、2人の警察官が現場に駆けつけていた。

 同庁の調べに対し、巡査長は「少年の態度があらたまらなかったので強く出なくてはと思った」と供述しているという。

2008年2月27日22時13分  読売新聞)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
警官が銃を抜いた実際の状況が記事から伝わって来ない。だから、この警官が銃を抜くべきだったかどうかは、何とも言えない。しかし、こう言った状況で思う事は、抜いた事が犯罪のように扱われるのは理不尽だと言う事だ。
警官の携帯する拳銃は犯罪者に対して向けられるべきで、それを前提とした犯罪抑止の効果を持っていると思う。そして、例えば公務執行に対する妨害があれば、それは立派な犯罪だと思う。なので、相手が少年だろうが、拳銃を持っていなかろうが、襲いかかろうとはしていなくても、警官が銃を抜く事、あるいは威嚇射撃をする事も十分にあり得る事だと思う。
そして、よく考える事は、死ぬか生きるかの状況以外は拳銃を扱ってはいけないかのような報道への疑問だ。

逆に、心配なのは警官のモラル、意識だ。拳銃は恐ろしい凶器だと思う。扱い云々の前に、実弾が装填されているかの前に、銃口を人間に向ける恐ろしさを意識しておいて欲しい。単に自分の弱さを補完する道具とは違う、警官として、常人の持ち得ない権力の象徴として手に持って欲しい。
posted by ぼへみあん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貰えるだけ。。。− 日航の年間賞与半減、08年度も継続へ

YOMIURI ONLINE
(http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080226-OYT1T00825.htm)
JALって、まだ賞与の払える会社なんだ。
JALの社員は、ナショナルフラッグと言うプライドよりも、それを矜持として建て直しに邁進できる人材以外、残して置くべきでは無いでしょう。実体は破産会社も同然。
安全を人質に高給を維持しようとするなら、それは、この国の航空マーケットにとって決してプラスにはならない。
以前、JALカードを売却する話が出たとき、この会社の経営センスの無さを痛感した。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20061026/112491/
短期に借り入れ、赤字の補填をするだけの行き当たりばったり。収益力の高いグループ子会社を使って持続的な回復、成長の材料を残すべきだと思われる。
そのため売却の延期が発表されたときに収益の回復を理由としたのは表向きで、財務系、あるいは再建に携わる専門チームの判断が働いたんじゃないのかなぁ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000100-mai-bus_all
個人筆頭大株主の糸山英太郎氏
   (http://www.itoyama.org/contents/jp/days/2006/0206.html
日経BP NET
   (http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/news/060313_jal/
などでも書かれているように、再建を成功させるためには、多くのハードルを乗り越えること。。。自己改革が必要だと思う。それが出来なければ、再建のための「そろばん勘定」が「安全」に優先するんでは無いかと言う疑心暗鬼になってしまう。
「信頼の翼」。。。本当の意味で、このキャッチフレーズを受け止められる会社になってほしい。
posted by ぼへみあん at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謀殺説は消えず − MI6元工作員が証言、元妃事故死とユーゴ指導者暗殺計画は無関係



工作員なら墓場まで持っていく話なので、裁判で証言する事は無いでしょ。だから、これでダイアナ謀殺説が消える訳では無いと思う。しかし、この手口、、、かなり悪用されそうです。
特に日本の場合、裁判所も含めて気合が感じられないので、政府系機関でこう言う事をやったら事故死で速攻片付きそうです。
最近では、作家の百瀬博教さんの死亡が謀殺ではと騒がれましたよね。
− スポニチANNEX(http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input?do_fillin=1&
2ちゃんねるでは、「ドラマSPに出ていた手口と酷似している」とか、格闘技関係者で不自然な死亡が多いので、その事で利益を得るのは誰だ?とかとか、かなりお祭りになってました。

交通事故って言う事では、片岡晴彦さんお支援する会HP(http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html)で紹介されていて、幾つかのTV番組や週刊新潮でも取り上げられた事故について、警察の証言を鵜呑みにした判決が出されている状況です。そんな裁判所に、この手口の犯罪を持ち込んでも「そんなの証拠無いじゃん」で終わりそうな嫌な予感と言うか、、、そんなもんで終わりそうです。

いずれにせよ、死人に口無し、そう言う世の中であっては成らないと思うのですが。。。
posted by ぼへみあん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の純粋な目??? − ロシアの次期大統領は誰か、子供たちはすでに確信?



プーチンさんの大国ロシア復権への道を子供達も察知していると言う事で。ニュースソースが主催者のタブロイド誌で、更に、この時期に行っているイベントと言うのが、意図を持った報道のようですね。
日本の外務省でも、しっかりと次を見据えた対応をして欲しいのですが。
posted by ぼへみあん at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たな路線? ー アルカイダ、「イスラエル-パレスチナ問題」への介入を画策か



パレスチナへのアルカイダ介入、記事によると煽動によるパレスチナとイスラエルの対立激化を狙っているように見える。
記事内で触れられているYMCAの襲撃爆破はキリスト教インターネット新聞2.25(http://christiantoday.co.jp/international-news-1441.html
で説明がされているが、YMCA内の図書室が爆破されたようで幸い犠牲に成ったはいないようだ。まず宗教的には少数派のキリスト教からせめているのだろうか??

また、怖いのは、ハマスの犯行では無いと、断定的に扱われていることにもある。つまり、破壊活動がそれまでの主要な組織の制御を離れている事、想像するに、より過激な組織が走りつつある事を意味していないだろうか?

私は、アルカイーダが単独の統制された組織には思えない、ある種、概念的な組織に見える。つまり、このような煽動や破壊活動が自発的に起きながら、メディアやネットを使って効率的に伝播しているように思える。
そのような組織のような組織、草の根運動に対するアメリカの動きは、まるでベトコンと戦った記憶を忘れてしまったのか、あるいは、そのトラウマを払拭するための活動なのか?

根本的修正のためは、その草の根が生まれ、育った経緯を改めて検証する必要があるように。。。思う。
posted by ぼへみあん at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。