2008年04月07日

田舎者についての考え

この季節、花粉症でも無いし、寒いの嫌いだし、外に居ること好きだし・・・な私には、とても良い季節ななずなのだが、毎年、憂鬱になる。


大体、四月の第2週から、月末までが最高潮に嫌だ。
特に、渋谷、新宿なんて最悪だな。恐らく、私が埼玉付近に住んでたら、池袋なんかは、もっと嫌だろう。


その理由は簡単で私の口をついて「田舎者がっ!」と叫びたい衝動が増えるからなんだが。
別に東京で生まれても田舎者は居る。別に奥多摩だからとか小笠原生まれだからでは無い。上野で生まれようが、広尾で生まれようが、西表島で生まれようが、田舎者になる可能性は広く門戸が開かれている。


確か、景山民夫が小説だったかエッセイの中で書いていたのだが、田舎者と言うのは、別に生まれ育った場所で決まる訳では無く、他の人に気を使えるかどうかと言うことが重要である。


東京の真ん中で生まれれば、必然的に人との接触の機会が多くなり、余計な摩擦を避けるために、人への気遣いが生まれやすい。(あくまで「やすい」のだが)
一方、周囲4Kmを野山に囲まれていれば、人に気遣いをして生きている必要が無いのだから、都会で生まれ育つよりも、訓練の機会は少ないだろう。


で、この季節なのだが、どんな時に、私の口からそんな悪い言葉が飛び出しそうになるかと言えば、
1. 目の前を歩いている奴が、突然立ち止まって携帯をいじったり、看板を探したりしてぶつかりそうに
 なったとき
2. 車を停めようとしたときに、のんびりと自転車が先行していて、路肩に寄せられないとき
3. 電車に整列乗車しようとしているのに、列を強引に崩したり、割り込もうとする奴が居たとき
4. 電車の中や、街中で、おしゃべりに夢中な奴のデカイ荷物が通路を塞いでいるとき

ようは、自分の振る舞いが、他人にどれだけ迷惑を掛けているかが判っていない奴を見かけたときや
それによって、私自身が迷惑や危険にぶち当たったときだ。

特に、3番。。。これは、大阪では今でも「東京ローカルの常識」なんでしょうか?数年前、新宿始発の私鉄を使っていた頃、何度か注意をして、一度は殴られかけた悲しい思い出があります。いずれの場面も相手は関西弁。。。

精神的田舎者と言った方が良いんですが、そう言う方が自分だと気づかないと思いますので、、、
身近に、そんな方が居たら、是非、注意して差し上げましょう。
「かっこだけ、都会ぶっても、中身が田舎もんじゃ、かっこ悪いよ」って。

そんでは
posted by ぼへみあん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶番大会? − 井上康生、「勝って自信」=柔道

----- 時事 Yahoo!

 柔道の全日本選抜体重別選手権男子100キロ超級で優勝した井上康生(綜合警備保障)が7日午前、福岡市内のホテルで会見し「うれしさはある。気を引き締めてもう一つ頑張りたい」と北京五輪代表最終選考会となる全日本選手権への意欲を語った。

 6日の試合直後、テレビのインタビューで涙を流した。「いろんな人から『泣き過ぎだよ』とメールが来ました」と笑う。北京五輪代表争いは厳しい状況だが、「勝つことで自信が生まれる。開き直りと勢いをつけて臨みたい」と話した。

 また、男子60キロ級を制し初の五輪代表候補になった平岡拓晃(了徳寺学園職)は「選ばれる前は不安があったが、これからが始まり」ときっぱり。今月のアジア選手権で五輪代表枠獲得を目指すが、「まずは代表枠を取ること。一歩、一歩前進していきたい」と話した。
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000048-jij-spo

さっぱり、選考基準が判らなくなった。
全柔連では、オリンピック代表選考方法として説明しているが、納得できるものなんだろうか?
前評判にも出ていたが、谷亮子は「負けても五輪」。
と言うか、女子選手で決まった6代表のうち5人が、この大会の「敗者」な訳だ。

ま、一発屋が運だけで代表になっては困ると言う意識もあるかも知れないが、余りにも判りにくく無いだろうか?
判りにくさを更に助長しているのは、井上の存在だと思う。
確かに、シドニーまでの彼は強かった。無敵だったと思う。しかし、それ以後、結果を残していない。過去4年とかって長さで結果を残していないのだから、この大会での一発屋と同じ扱いで良いのでは無いだろうか?

金メダルを取る、取らない、それ以前に、日本柔道の代表として相応しい人選をしたのだろうか?
素人の目には、そう見えない。
posted by ぼへみあん at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アパルトマンで過ごすパリの休日

少し纏まった休暇を取れるとき、行きたいところは決まっても、ホテルが中々決まらなかったりする。
例えば、フランスには行きたいんだけど、パリを拠点にあっち行って、こっち行ってとなると、荷造りの心配やら管理の手配やらで、結局、行動半径を小さくしてしまったり。。。結局、纏まった休みのメリットが無くなっちゃったりする。
それに当然、中長期に滞在するとなるとホテル自体の値段が。。。で、ホテルのグレードを下げると、セキュリティやら、設備やらに不満が出ちゃったり。

となると、出来るだけリーズナブルに好きに使える環境があればなぁと。そんなときに便利そうなのが

パリ アパルトマンを紹介してくれるプライベートホームズだ。

海外旅行をしていると、その他にも、「スーパーや市場で見つけた、この食材で飯作ったら旨そうだな」、「少し食費を抑えて買い物に回したい」って時にも便利だ。
パリ マンションパリ アパートを探すときに、今まではホテルのような情報が少なくて不安だったが、このサイトで外観や内装をチェックすることも出来るんで、更に安心して予約が出来る仕組みだ。

つまりは、自分のしたい旅って概念が広がるってことで、その国の文化や、生活に、更に密着できるってことだわね。

こうなったら、纏まった休みのメリットが最大限生きるプランを立てるしかないでしょ。
posted by ぼへみあん at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。