2008年02月18日

自己紹介 その1

自己紹介しまぁす。(たむらけんじ風に)

これまでのエントリーは、殆どがニュース記事の引用でした。
ここから先、少し自分自身の事も書こうかなと思っています。

年齢等々、プライバシー情報は勘弁くださいと、前置きをしながら。

ソフトウェアベンダー勤務のコンサルタントみたいな事をやっています。
正直、今の会社は、相当にぐちょぐちょで、かつて「月に一人の入れ替わり。一人が辞めて一人が入る」と言う状況が「月に2人の減少」に変化しています。
いえいえ!決してリストラじゃ無いんです。嫌気が差して皆、辞めて行くだけ。
そんな会社のような体裁のオフィスに毎日行っています。

当然、そんな環境なもんで、忙しく無いです。入社以来、こんな暇なのは、かつて無かったぁ。

主な仕事は他国からの問い合わせ対応。と言っても、かつて協力を得ていた仲間が心配して、色々と聞いて来ているってのが正解でしょうか。

当然、そんなに暇なのが私だけかと言えばそうでもなく、営業案件そのものがメチャメチャに少ない状況です。ってな事を書いているので、あたしの身分がバレたら不味いですよね。

ただ、もう親しかった同僚も殆ど残っていないですし、私自身もそろそろ潮時ですなぁ。

今、日本の組織としては、一生懸命、本社や他国の偉い人たちに「ビジネス拡大するぞ!」と言ってるようですが、去年の後半から殆ど売れてません。と言うか、売れていないチームと、売らないチームの二極分化が起きていました。売らないと言うと、かなり反逆的ですよね、組織人としてあるまじき行為!と怒られるでしょう。私も、その生き残りです。
そう当然、パージされてきています。ただ、そこに至るまでに様々な事がありました。
売らなくなった理由を簡単に言ってしまえば「嘘つきには成りたく無い」と言う事でした。
かなり強引な要約ですが。
その意図が今の日本のマネージメントの意向と添わなかった事が発端だったように思います。
そして、多くの人が討ち死にと言っては失礼ですが、退職されるか、あるいは解雇されて行きました。その中で、訴訟沙汰に成る事も少なく無かったようです。

その様子、友人があたかも晒者のような扱いを受けたり、あるいは失意の内に去って行く、そういった「日常」を見ていてヒートアップしていた時期もありました。しかし、今、殆どの友人が去り、そして非常に冷めた見方をするようになりました。
「この組織は、完全に腐った。日本だけ?それとも。。。」と。
会社に貢献する意図は無いと言うのが正直なところです。少し前は「日本法人」を会社の単位にしていましたが、今は本社も含めた会社です。今、腐れた部分が本社にまで見えてしまったから。。。

そんな私ですが、体裁は会社員です。暇な時間、殆どが、そうなんですが、ブログ書いたり、ネタ拾ってたりしますので、、、よろしくお願いします。
posted by ぼへみあん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84703014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。