2008年02月27日

謀殺説は消えず − MI6元工作員が証言、元妃事故死とユーゴ指導者暗殺計画は無関係



工作員なら墓場まで持っていく話なので、裁判で証言する事は無いでしょ。だから、これでダイアナ謀殺説が消える訳では無いと思う。しかし、この手口、、、かなり悪用されそうです。
特に日本の場合、裁判所も含めて気合が感じられないので、政府系機関でこう言う事をやったら事故死で速攻片付きそうです。
最近では、作家の百瀬博教さんの死亡が謀殺ではと騒がれましたよね。
− スポニチANNEX(http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input?do_fillin=1&
2ちゃんねるでは、「ドラマSPに出ていた手口と酷似している」とか、格闘技関係者で不自然な死亡が多いので、その事で利益を得るのは誰だ?とかとか、かなりお祭りになってました。

交通事故って言う事では、片岡晴彦さんお支援する会HP(http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html)で紹介されていて、幾つかのTV番組や週刊新潮でも取り上げられた事故について、警察の証言を鵜呑みにした判決が出されている状況です。そんな裁判所に、この手口の犯罪を持ち込んでも「そんなの証拠無いじゃん」で終わりそうな嫌な予感と言うか、、、そんなもんで終わりそうです。

いずれにせよ、死人に口無し、そう言う世の中であっては成らないと思うのですが。。。
posted by ぼへみあん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。