2008年02月28日

中国政府の影響力は − ダルフール紛争、解決の見通し立たず6年目を迎える



もう6年もやってるんだ。。。爆撃あり、虐殺ありで160万とも言われる人々が難民化しているスーダン、ダルフール。
中国が武器輸出を止めないもんだから、爆撃含めて自国民に火器を使ってしまえる。
自国に焦土作戦を使うとは、通常自殺行為だが、既にそのような理性も無いだろう。記事では、中国が民生用の援助をするとしているが、それだって、結果として軍事に直接・間接の支援をする事に変わりは無い。停戦により深入りすべき立場なのに。。。

国連、ユニセフでは募金を呼びかけています。
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/sudan/2004.htm
是非、ご協力を!
posted by ぼへみあん at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87501952
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。