2008年02月28日

どっかの女優?!−五輪でマナー向上目指す中国、飛び込み女王にも批判

なんか、どこぞの国の女優バッシングのような。。
-----------(ロイター)
 [北京 26日 ロイター] 8月に開催される北京五輪で金メダル獲得が期待される飛び込みの郭晶晶(26)が、人気スポーツ選手としてのマナーに欠けているとして国営メディアから批判されている。



 郭晶晶は先週行われた飛び込みのワールドカップ(W杯)の試合後、「ショービジネス界のスター」のように振舞ったと批判されており、新華社は「飛び込み女王の郭晶晶に一体誰が特権を与えたか」と題した記事を配信した。



 新華社は、郭晶晶が記者からの4つの質問に対しては20語ほどでぶっきらぼうに回答する一方、テレビカメラに対してはそれぞれの質問に笑顔で答え
たと指摘。「すべての中国国民がマナー向上に努め、選手らが科学・肉体・精神面でトレーニングを受けているときに、一部のスターが相手への対応という基本
的な教養に欠けているとは信じ難い」と伝えた。


-----------
まるで、エリカ様のような。。。ただ、テレビの前では笑顔って言うのは、少し違うか。。。寧ろ「賢い朝青龍」って方が的確かも。

ただ、この間のサッカー東アジア選手権を見ていても思うが、何か、規制を掛けても、それほど有効に効いていない。それを直さないことには、一人の選手を叩いてみても始まらない。





北京に行って戦う選手は命がけ、地元選手は強烈なプレッシャー、空気は汚染され、食物の安全には不安。。。これでは、「開催することに意義がある 否、異議がある大会」だ!

posted by ぼへみあん at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87525732
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。