2008年02月28日

段々、余地の無くなる恐怖 − タミフル効かないインフルエンザ、初の集団感染…横浜

Yomiuri Online
-------------------
 治療薬「タミフル」が効かないインフルエンザウイルスによる集団感染が、横浜市内で先月発生していたことが、同市衛生研究所の調査で分かった。


Click here to find out more!



 タミフル耐性ウイルスによる集団感染は、国内では初めてで、世界保健機関(WHO)に報告された。


 耐性ウイルスが広がる中、新型インフルエンザが発生すれば、タミフルに耐性を持って流行する可能性があるため、別の治療薬を備蓄するなどの対策が必要になる。

 同研究所によると、耐性ウイルスが見つかったのは、同じ区内に住む8〜13歳の男女5人。3人は小学校で集団感染し、他の2人は同じ病院で診察を受けていた。同研究所では限られた地域で小規模に流行したと推測している。

2008年2月28日12時04分  読売新聞)
-------------------
新型インフルエンザが流行った時、日本では、アメリカほど早くはワクチンを広く投与出来るほどの体制を持っていない。
恐らく、プレパンデミックワクチンも、それほど直ぐに医療関係者に配布する事は出来ないように想像する。つまり、最初と言うより最初で最後の防波堤はタミフルなのが、大量備蓄の理由ではないだろうか。
ところが、既に一般のインフルエンザで耐性を作られてしまった。この耐性を持つウィルスと新型インフルエンザが出会わないよう。出会っても人間感染型では無いよう。祈るしか無いんでしょうか?

絶対に、道路よりも、大阪のくだらない箱物よりも、パンデミックワクチンの早期量産体制と、その投与手段を確立すべきだ!

嘘つきよりも無作為者の方が、罪は重い!
posted by ぼへみあん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87591395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。