2008年03月14日

焦ろう転職!

いつも、このジャンルを書いていると「退職を焦るな」と言う主旨になるので、会社に居続けることを勧めているように見られているそうだ。そりゃ、大きな私の間違いですね。嫌な会社とはトットとオサラバすべきです。
ただ、嫌だから辞めるというのは間違いなので、少し強調しすぎたかもです。
嫌だったら、とっとと転職活動をして、次の職を見つけましょう!

よく、営業と案件に対する主導権と言う話をします。別にコンサルと営業が主導権あらそいをするのではなく、言って見れば、製品の提示価格を誰が決めるかと言うお客様と営業との主導権の話です。
結論は「おれ、もうやらない。いらない」と言える側が強いんです。
普通、売る側が、それを言えないから営業が米搗きバッタのようになっちゃうんですが、「俺、売る気無いです」と言えるようにしておけば、無敵の営業ですよね。

と、それと社内でのハラスメント対策はとても似ています。「お前辞めろ」と言われてビクつくか、それとも「お前の下で働いても、意味無いから辞める」と言えるようにしておくのとでは自ずと主導権の位置が変わります。(繰り返しですが、売り言葉に買い言葉で無謀な退職はダメですよ)。

ハラスメントがある、あるいは、受けていると思ったら、それが単一の人物によるか、それとも組織ぐるみなのかによって違いはあるのですが、私のように組織ぐるみの場合は、転職を強くすすめます。


すぐにエージェントや転職サイトとコンタクトをとることは絶対に必要ですが、ただあてずっぽうに接触しても、自分の満足行く転職になる確率は低いと思っています。例えばスタッフサービスのように自社のスタッフも募集しながら、優良案件を紹介してくれるところもありますし、また、JSR(あなたの転職をお手伝いします◆JSA(人材サービスアシスト))あるいはヘッドハンターと言われるようなところを知人を介して紹介してもらっても良いでしょう。ただ、ここでの問題はスピードです。
とにかくレジュメを纏めておくこと(これに通常は時間が掛かります)、自分の思うような案件を持っているエージェントを見つけること(一社に限る必要はありません、できるだけ多くのエージェントと接点をもっておいて損は無いはずです)。自分が得意なこと、やりたいことを纏めておくこと。ここまでは、自助努力でスピードがあがります。が、エージェントが中々案件を持っていなかったり、あるいは応募先で、とても良い会社なのだが採用プロセスが思いっきり遅いこともありますので、主導権確保のために自分で出来るスピード向上には万全を期しましょう。


また、ハラスメントを受けてい無くとも、自分のいる職場が離職率が高ければ予め準備をしておくことは決してマイナスだとは思いません。私自身、今の職場での成績は非常に高かったので安心しきっていましたが、例えば、ウェイザップドットコム(夢がかなう転職情報が大盛り)のように、今すぐ転職を考えてい無くとも、自分の価値や志向がどの程度、市場とマッチしているかを知っておくことは重要です。

とにかく、素早く仕事を見つけましょう。そして、その上で見返してやる努力が出来ます。
主導権は、あなたにありますから、頑張りましょう!











posted by ぼへみあん at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内ハラスメント対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。