2008年04月15日

馬鹿は死ななきゃ直らない − 社保庁職員97%は年金機構に移行 リストラ対象わずか500人

−−−−− 産經新聞 Yahoo! 
 社会保険庁解体後の年金業務を引き継ぐ「日本年金機構」の職員採用について、社保庁正規職員約1万6000人のうち、移行できない人は500人程度にと
どまる見通しであることが15日、社保庁がまとめた新機構の採用計画案で明らかになった。計画案通りに職員の大半が移行すれば「看板の掛け替え」との批判
が出そうだ。

 計画案は同日の政府の有識者会議「年金業務・組織再生会議」に示された。これよると、新機構は発足時(平成22年1月)の正規職員数を約1万2500人
とし、このうち約97%の約1万2100人は社保庁から移行させる。民間採用者枠はわずか約400人。現在、社保庁の正規職員は約1万6000人。新機構
に移る約1万2100人と、政府管掌保険(政管健保)業務を引き継ぐ「全国健康保険協会」(協会けんぽ)に内定した1800人、厚生労働省本省や地方厚生
局などが受け入れる約1300人を除く約800人は、現時点では移行先が決まっていない。

 ただ、約800人のうち約300人は定年退職するとみられ、実質的には約500人がリストラ対象として他省庁などに受け入れ先を探すことになる。社保庁
によると、19年度の自己都合退職者は過去最多の702人。このペースで退職者が増えればリストラ数も少なく済むが、702人の半分は20、30代。機構
は新卒採用者を大量に増やす必要もあり、最終的なリストラ数は流動的だ。
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000970-san-soci
 倒産会社、あるいは、不正企業の社員が、会社と一緒に退場するのは当たり前。「いや、私の前任者が悪かったんです。」って言っても関係ない。
 公務員だから、完全身分保証されるのもおかしな話。こんな新法人は必要ない。結局、ある種のリストラ、軽量化することと、不正団体の解散とを両立させるには、今、現実的な解となるのは「税」として、あるいは「税と一緒」に徴収することしか無いだろう。仕組みが作りがそれでも大変なら、そのための期間を「暫定」としてガソリンのような誤摩化しではなく、3年程度で限定すれば良い話だろう。
 このままなら、厚労省ごと無くなった方が良いんじゃないか?
ラベル:年金不正
posted by ぼへみあん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。