2008年04月23日

介護の道

 「後期高齢者医療制度」、言葉も嫌だけど、制度としても欠陥だらけ。余りにも安直だ。税金の使途の無駄を無くし、より篤い福祉が出来なくちゃ困る。だが、それでも財源が不足しているのも真実だろう。
 では、その財源が使われるサービスの質はどうなんだろう。医師の不足も重大な問題だが、老人医療を中心に介護サービスの質は、とても重要だと思う。古い話だが、祖父が入院した際も、祖母には介護しきれずに家政婦さんに手伝ってもらった事があった。当時に比べ、専門性を強められた事は介護を受ける立場にとっては、とても喜ばしい事だと思う一方で、老人と呼ばれる高齢者人口が増加することは、介護の専門家も増え、その質を高めなければならないと言う事だろう。そのためには、専門家を単に育成するだけでは無く、高い志のある人材を育てる教育機関が増えて欲しい。

 また、そのサービスが適性に行われる為に、間接部門の重要性も高まっている。事務方の専門家が、会計、請求を適正に行う事で、保険料が正しく使われることになるのだから。その事務方の専門家として「医療事務」資格があるが、これを取得する為の講座を比較検討できるのが
http://www.careshikakunavi.com/iryoujimu/index.htm だ。
 ここでなら、自分の通える範囲で、どのような講座やスクールが存在しているのか、価格はいくらなのか、通学?それとも通信教育なの?と言った事が一覧して見渡せるだけでは無く、資料請求までが、シンプルにできてしまう。

 当然、医療事務以外の介護やホームヘルパーの他、リフレクソロジストやカウンセラーなど、多様な資格取得の方法がガイドされている。今、注目されているだけでは無く、今後重要になる仕事。チャレンジするにはとても良いサイト。

posted by ぼへみあん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94323843
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。