2008年05月01日

笑ってる場合じゃねぇ − 暫定税率、衆院再可決で成立



 国会の写真に写る内閣総理大臣、満面の笑み。世の土建屋連中にも嬉しいニュースだっただろう。おめでとう。

 一方、産経でガソリンスタンドから見た混乱を伝えている。
涙、涙、涙…そして憤慨 GSの悲痛な叫びを聞け
都内は、公共交通機関が発達している。私自身、マイカーが無くても生活に支障は無い。電車でもバスでも好きな場所に行ける。でも出来れば電車で移動すべきだろうといつも思う。都内の道路は、どこで渋滞してるか判らないし、だから時間が読めないからね。だから本当は、もっと便利な道路も欲しいが、でも、いいや。勿体ない。

 これが、東京でも市部になると、公共交通機関はあっても、その網目がどうしても大きくなってしまう。だから、京王線沿線から中央線に抜けようと思ったり、小田急線沿線から中央線なんてのは、直線距離よりも、移動時間が大きく掛かったりした(モノレールで改善されたけどね)。だから、当然、場所によっては自動車移動が必要なのだが、この地域は致命的に南北のつなぎが弱い。小金井街道とか、府中街道とか、その外側の国道16号もそうだが、数も少ない上に、殆どの道がキャパシティ以上に交通量が多い。そのために、外環道なんて、巨大な建造物ができちまうわけだ。でも、本当は一般国道なり都道なりで充足される方が良いんだが。。。それでもガソリンが高かったら、ダレも走らんでしょ。

 更に、これが東京から出たら、マイカー依存度がもっと高くなるでしょ。結局、知事さんやら、売国奴「二階」やらが大声で叫んでるのは土建屋利権、公共事業予算で票を確保する方が、マイカーに乗ってる浮動票より手堅いって事を言いたいんだろ。

 年寄りが年金宙に浮かされて、そこから天引きされて、それでも車で移動して、医者が少なかったり、縮小されている病院に行って、それが今、一番注目されてる改善しなきゃいけない課題でしょ。厚労省案件ばっかりだ。せめて、ガソリン代の負担を下げておこうとか、上げるにしても、今後の使途をより福祉に振り向ける方針を確定すべきだろう。
 ところが、特別財源を無駄遣いし続けている国交省の利権を守る為には、じいさん、ばぁさんの生活はなし崩しのママっつーことですな。

 ニュースサイトを検索しても、売国奴「二階」のデモの様子は、どこにも落ちていないが(何でだ!)、TVで見たあの様子、このニュースの福田内閣総理大臣の笑顔、結局、この手のジィさんたちは、町で小銭入れを探りながら買い物してる人間とは別人種って事か。

 選良とか言われながらよ、その選んだ人間の一人一人を考えてたら、組織票持ってる「土建屋」の顔色だけ窺ってれば良いって話じゃねぇだろ。何でオレッチが、テメエらを売国奴と呼ばわってるかって判るか?国っつーのは、国土と国民と正当な権力があって国家なんだ。大切な税金を権力の乱用でグリーンピア何ぞ造りやがって、結果、赤字の垂れ流しなんて問題が表にでりゃ、それを二束三文でチャイナの業者に「払い下げ」だと。そりゃ、おめぇ国家の国土を切り売りした、まさに売国奴様の所行じゃねぇか。でもって、残り一つ、一番大事な国民をよ、全然大事にしねぇ。じいさんになって、ばあさんになって、孤独死するのが一番安上がりなんだよと言わんばかりの権力がよ、正当な権力でございなんてのは、お笑いぐさも良いとこじゃねぇのか?
 自民党さんよ、公明党さんも併せて言うが、テメエら、選挙に負けんのが怖くて、解散もできっこねぇ意気地なしの与党さんなんだよな。で、お二方が手に手を取ってこさえた内閣が、こんなにへっぽこな訳だ。テメエら、選挙に勝てる気がしねぇから、こんな事が出来るんじゃねぇのか?まるで、負け戦が判って機密資料を全部燃やしてる作戦将校みてぇによ。本当ならやっちゃいけねぇことでも、平気でやっちまうくらいに焼け糞なんじゃねぇのか?
 焼け糞で政治「家」ですなんてホザクんじゃねぇ。テメエら、とっとと「寄生痔蚊」と名乗りを換えやがれ。

 武士は食わねど高楊枝。武士道でも読んで、読書感想文を400字詰め原稿用紙に10枚書いて見やがれ。
posted by ぼへみあん at 01:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯サイトですけどリンクしました
Posted by moba seek(旬の話題政治) at 2008年05月01日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95246531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。