2008年05月01日

チャイナフリー − 胡錦涛国家主席が8日に池田大作氏と会談へ

----- iza :イザ!
 6日に来日する中国胡錦濤国家主席と創価学会の池田大作名誉会長が8日、都内のホテルで会談することが1日、固まった。胡氏は主席就任前の昭和60年と平成10年にも都内で池田氏と会っており、両氏の会談は今回で3回目となる。池田氏はこのほかにも、昨年4月に来日した温家宝首相や、今年2月に来日した唐家●(=王へんに旋)国務委員(当時)とも会談している。

 中国は池田氏を、昭和47年の国交正常化に尽力したとして当時の周恩来首相らが「井戸を掘った功労者」と評価するなど、「特別の存在」(日中外交筋)として扱ってきた。胡主席も今回の来日にあたり、池田氏との会談を希望していた。

----- http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/141897/

 中国は、宗教を否定はしていないあるよ。優れた宗教的指導者とは国家元首が積極的に交流を深め、民間レベルでの中日友好を発展させるあるよ。それが証拠に、日本最大の宗教団体で、与党公明党にも多大なる影響力を持つ池田先生とも今回の訪日の主たるテーマとして面会するあるよ。どうだ、偉大なる中国は、無秩序な反乱分子を鎮圧しつつ、宗教への深い理解を示していることを、この仏教指導者との会談でアピールするね。

 とでも言うんでしょうか。。。 池田の大作ってぇお人も罪作りな人だぁ。なんだって、善光寺サンが同じ仏教徒として、チベットにおける迫害は許せないってこって、聖火リレーの出発地なんてありがてぇ役割を辞退したってぇのに、わざわざ、それを打ち消すようなマネをしやがるんだか。
 今回の問題、意見せずばいらんねぇ、っつーなら大使でも何でも呼びつけて叱り飛ばしてやるのがスジってもんだろ。こりゃ、あらかた、また北京大学の博士号だの、なんかの勲章だのが欲しいって悪い癖の賜物だって痛くもねぇ腹さぐられるだけだってことよ。
 それとも、まだまだ、色気も食い気も枯れちゃいねぇって事で、「おれっちが一声かければ、北京から永田町経由で信濃町まで、主席君でも来るんだぜ」って事をアピールしようってのかね。

 大作先生よ、おれっちは、あんたの宗派にゃ義理も興味もねぇけどよ、宗教ってなかじゃ一国一城の主、布施の額一つとったて洒落になんねぇ金子を全国各地、しまいにゃ、アメリカ、ヨーロッパからも集めてるぢゃねぇか。そんなあんたの教えの元の元、辿っていけば、同じ御釈迦様の教えを守ってる坊さん達が泣け叫びながら抗議しているその様子、あんたのその目にゃ、どう映ってるんだい?

 御身の飾りに、坊さん達の血や涙で作った勲章を飾るのかね?
posted by ぼへみあん at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分的 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。