2008年05月02日

素晴らしき論評 − 「最も醜い売国行脚」 北朝鮮が李大統領を非難

----- iza:イザ!
 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は2日、韓国李明博大統領が4月に行った日米歴訪について、「民族の尊厳と利益を外部勢力に売り渡す最も醜い売国行脚」と非難する論評を掲載した。
 北朝鮮メディアが李大統領の日米歴訪結果を本格的に論評したのは初めて。
 
同紙は特に、日米韓3カ国の協力関係の必要性を強調した李大統領の姿勢について、「容認できない挑発」と反発。歴訪中に提案した「南北連絡事務所」設置に
対しても「(南北)分断を固定化しようとした冷戦時代の遺物だ」と指摘、あらためて受け入れ拒否の立場を強調した。(共同)

----- http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/142174/
 聖火リレーや毒餃子に関する中国政府各省庁のスポークスマンの弁舌や、北朝鮮のテレビ放送を見ていると、流石だなぁと思う。相手の落ち度をあげつらったり、逆切れしたり、高圧的に仕切ったり、まるで大本営発表だ。
 それを見てると、兄弟なんだなぁと思う。

 一方で、南北朝鮮、同一民族なだけにエキセントリックな反応を示す北のコメントはわかり易い。

でもさぁ、売国行脚ってさ、お宅の首領様のモスクワだの北京だのへの列車旅行の事かと思ったよ。首領様ったら、たしか飛行機はお嫌いだから列車で陸路移動しか出来ないんだよね。そりゃ、御付の御家来集も大変だぁ。でもって、偉そうな顔して腹突き出しながら、肝臓が悪いだの、でも酒は呑みたいだのって良いながら、援助引き出すために列車に乗ってたよなぁ。
 そんな金があるなら、少しは国土の保全に使ってよ、貧困国家からの脱却をめざすんだよ、本来はよ。ところが、日本からはパチンコの胴元で稼いだ金やら麻薬・覚せい剤の上がりが入るし、米ドルの偽札やら偽タバコで儲ける方が手っ取り早いっつーんで、結局、やくざな金しか稼げない二等でも三等でもない外道国家になったわけだ。そんな国っつーか所から、「売国奴」と言われるのは、そりゃ最高の褒め言葉なんじゃねぇのか?
 この国もそうだがよ、てめぇの国民を守れねぇ、まもらねぇ政府なんざ、糞の役にもタタネェってんだわ。福田さんよ、それから自民党さんよ、あんたらも同じ様なもんなんだぜ。
posted by ぼへみあん at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。