2008年05月07日

だ、誰がエースだ!? − 土壇場の出場権獲得劇、アスタナのジロ出場が正式決定

----- CYCLINGTIME.com(抜粋)
ジロ・デ・イタリア開幕が1週間後に迫った2008年5月4日、レース主催者のRCSスポルトは出場チームリストから外していたアスタナのレース出場を正
式に決定した。コンタドール、ライプハイマー、クレーデンの強力な3名を擁するアスタナは一躍マリアローザ最有力候補に名乗りを挙げた。



レース主催者RCSスポルトが2008年2月に発表した出場チームリストの中にアスタナの文字は無かった。衝撃的な「アスタナ外し」の理由としてRCSスポルトは「モチヴェーションの低さ」を挙げていた。
-----  http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=8081
 ついにグランツールの時期になりまして、ツール・ド・ロマンディも終わりまして、でもって、意外なニュースが飛び込んできまして。。。詳細は上記URLで!なのだが、兎も角も今期最強チーム!且つグランツール追放状態のアスタナがジロに出そうだ。ディスカバリーの主力を引き取りながら、去年のドーピング問題からチームの連帯責任状態で引きこもり状態だったのに。。。急に声掛けて、、、ファンとしてはコンタやライプハイマーが見られりゃ嬉しいけど、出る側にしたら、コンディショニングもピーキングも無く呼び出すとは。。。複雑だよなぁ。
  もう長年の問題だけど、UCIと興行とのバランスが取れない限り、ツールを含めて似たようなことが繰り返されそう。。。選手の皆様、Live Strongです。。。頑張って。
 
posted by ぼへみあん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。