2008年05月09日

泣き寝入りするな!俺 − 続報 久々のハードコンタクト

 その後、結局、待てど暮らせど人事からのメールは来ない。2時間待ったところで、メールを送ってみる。(最近、メールサーバの調子が悪いんで、その影響かと思った。)それでも何の音沙汰も無い。一度、オフィスに電話してみた。「今日は、来てないね。モバイルに電話してみてよ」とオーストラリアの気のいいスタッフが出てくれた。携帯に電話してみた。出ない。

 そう、そう言う奴なんだ。こちらが誠意を見せても何も感じないが、失点だけは探す。そう言う種類のマネージメント。

 その間に、お世話になっている弁護士さんに夜間のアポを取っておく。最近の動きを手短にまとめてストーリーを作る為の作業を行う。そうやって、こちらも出来るだけの予防線を張る。作業には概ね30分掛かっただろうか。再度、携帯に電話してみる。ようやく出た。居留守を使わなかっただけ良かった。
 「メールはまだ?」(私)
 「今夜送るから、明日まで待て」(人事)
 「ん?すぐ送るって約束したよね」(私)
 「他の人間と打ち合わせをした上で送る」(人事)
 「なんで約束守れないの?他ってダレよ?」(私)
 「ダレとは言えないよ。兎に角、話し合わないと送れないの」(人事)
 「さっきも言ったけどさ、こっちは弁護士に相談するの。それはあなたが言った事が原因なのよ。今夜逢うんだから、早く送ってよ。18:30がリミットだよ」(私)
 「そんなのリスケしてよ」(人事)
 「リスケ??あのさ、その分のチャージは支払ってくれる?送れないなら請求するよ」(私)
 「そ、そしたら、何時までに送れば良いのよ」(人事)
 「だから、18:30。それまでに来なかったら、リスケ」(私)
 「判ったよ、17:00までに送るよ」(人事)
 「それはコミット出来るの?約束だよ」(私)
 「コミットした。」(人事)
 「頑張ってね。よろしく」(私)

で、電話を切った。
5分後、電話が鳴った。
 「あ、あのさ、リスケしてくれない。弁護士さんに詫びていると伝えて欲しいんだが」(人事)
 「さっき、約束したよね。なんで守れないの?」(私)
 「いや、頑張ってみたんだけど調整出来ない」(人事)
 「明日は、弁護士さん忙しいの。あんたが明日送って来たところで、こっちは何の対応も出来に無い。つまりいかなる種類の返事も返さないからね。」(私)
 「理解した。でもさ、いつ返事出来るの?」(人事)
 「え、来週かな?」(私)
 「来週だったら、問題ないよ。よろしくね・・・」(人事)
 「おいおい、まくしたてるなよ、こっちの話を聞け!こっちはさ、ずぅーーーーっとメールを送るように要求してて何も対応してないよな!」(私)
 「いや、だから調整がさ・・・」(人事)
 「そうじゃねぇ、こっちは半年以上、要求してるんだ。それをずっと無視してるのは、そっちだろうが。それが来週じゃなきゃ困るとかってのは、どういう事だ。え、も一回メールおくってやろうか?それとも、裁判所に来るか?」(私)
 「いや、判ったよ。で、いつだったら返事できるんだよ?」(人事)
 「まだ、明日の予定までしか聞いてねぇよ。返事なんざ、来週かもしれねぇし、再来週かも知れない。来月かも再来月かも知れないよ。弁護士は忙しいからね」(私)
 「判った。兎に角、リスケについては、くれぐれも謝っといてくれ」(人事)
 「そっちこそ、明日まで送れよ」(私)

海水どころ、腐れ水だ。あいつの頭の中は。。。

 ここで、こっちの想像だ。人事の言い分は、カントリーマネージャーの言いたい事を伝えているに過ぎない。Alexだ。ところがAlexは今、海外にお遊びに行っている。売り上げも無いのにね。Dsangは、意気地なしだから、こっちの大声の電話でビクビクと様子を窺っているが、それ以上は動いていない。つまり人事は「内部的な打ち合わせ」の相手がAlexだと言っているようなもんだ。しかし、Alexは平日でも仕事はしない。それがお休みだ。連絡が簡単に付くと思っていた人事がアホなのだが、案の定、出来なかった訳だ。
 明日(9日)、メールが来る事を期待して待とう。
posted by ぼへみあん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内ハラスメント対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96096754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。