2008年05月14日

STDにご用心

 STD、性病に最近縁のない生活をしております。かなり、公明正大(笑)。
 ただ、全く無縁かと言えば、例えば風呂の共有で伝染するものもあったり、性行為以外での感染の可能性がゼロかといえば、ケジラミだとタオルの共有でうつることもあるし、肝炎だと食物からの感染も考えられる。。。そんな恐ろしさがある。

 と言う情報が手軽に入手できるのは、良い事だと思う。性感染症が蔓延する大きな理由を私は「無知」だと信じている。婚外妊娠と同様に防ぐことが出来るはずなのに、その少しの理性が利かない事で蔓延と言う結果に結びつく。

 最近は、エイズのニュースも殆ど聞かなくなったけれども、決して流行が治まったわけでも無いし、ウィルスを根治するような治療法があるわけでもない。テレビでもお笑い芸人が平気で「僕、ヘルペスうつされました」なんて気軽に言っているが、これもキャリアとして生きることになる。(しかも、恐ろしいのは、この芸人が遊び人だし、たしかレイプの疑惑もあったりすることだ。。。)

 どんな予防手段があって、どんな治療法があるかを知っておくことは、「無知の解消」に大きな役割を果たすと思うのだが、そのためのサイトがSTD研究所だ。ここに行けば、どんな病名からだけでは無く、症状からも検索が出来るので、もし感染していても早期の発見が出来る!これは、最初に書いた単なる恐ろしさを分析し、自分が本当にリスクの高いことをやったのかどうかを確認する手立てになる。そこで実はローリスクなこと、あるいは全くのノーリスクなのかを確認できると言うことだ。これは、このサイトを訪問してみて、自分の中で思っていたある種の「恐怖心」を払拭する良い機会となった。

 また、検査キットの販売も行っているので、リスクの高い行為をした後で、感染の有無を保健所や病院に行かなくても行う事ができる。サイトに行って思うのは、感染から発症までの期間や自覚症状が出るまでの期間が長い病気の多いことだ。
 医者に行くのが恥ずかしくて、結果何も出来ないことが、本人にとって、そしてパートナーにとって最悪なことだが、セルフチェックが出来ることで早めに発見して、早めの治療ができる!また、クヨクヨと悩んでいるのでは無く、全く潔白と言えるのかも知れない。いずれにしても、プラスの作用だと思う。

 サイト自体は、非常にすっきりしていて使いやすいと思う。それに「STD感染危険度チェック」なんてのもあって、「自分は絶対大丈夫」と思っていても、そのライフスタイルが客観的に安全なのかどうかも判るように出来ている。

 特に若い人たち!少し、自分の気持ちだけじゃなく、相手の身体と気持ち、そして将来を大事にしませんか?

因みに、STDの知識に対するチェックが出来るパーツを付けてますので、年齢に関係なく(笑)、勉強しましょう!







posted by ぼへみあん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。