2008年06月30日

さらばDsang

 弊社のお客様への挨拶回りも終わって、明日から新しい職場だ。

 そんな中で、面白い話が出て来た、Dsangが女性社員を伴って挨拶回りをしたそうだ。「これから、私が営業をやります」だと。。お客様が苦笑いしてた。「女の人と来てたけど、彼女は何?」。。おひおひ、訪問に際して身分不詳の人間でも連れて行ったのか!?

 どうやら、営業アシスタントのおねぇさんを連れて行ったらしいが。。。自分の日本語能力の低さを補う為だったのか?!「いやぁ、何言ってたかは兎も角、良くしゃべりますよね」と。。まずは、お客様の時間を浪費しないようにしようね、Dsang君。

 ま、このお客様なら変に振り回される事も無いから良いんだが、それよりも、これまで「俺が営業責任者だ!」と威張り腐って、お客様にも「能力の無い人間は、ダメだ。どんどん入れ替えて優秀な人間をアサインします」って言って来たのにね。悲しいね、もう補充もいなくなっちゃったのかなぁ。そのうち、Alexが出て来たら笑うけどね。「Dsangは馬鹿だったので、私が替わります」。。ってか。ありそうで怖いな。

 お客様から「これで、後 何人残ってるの?」と聞かれたけどね。何人って言い張るんだろ、あの会社は。。。俺は素直に言ったよ。現場の人間、マネージャ、管理が何人ってね。嘘は、良く無いからね。ま、彼らのは、嘘ってより見栄。虚飾。中身の無い話でお客様の時間を浪費させる必要は無いからね、一生懸命思い出してお話しといたよ。

 これで、一応、勤務は終了だ。まだ、アナウンスしきれてないけど、明日からは別会社の人間としての挨拶をしなくては。。とりあえず、緊張して一晩ぐっすり寝る事にしよう。

 それでは、ぐっどないと。
posted by ぼへみあん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

認識能力の欠如 − 福田首相「援助隊がんばっている」 中国・四川大地震

−−−−− iza:イザ!
 福田康夫首相は19日夜、中国・四川大地震の救援活動に派遣されている日本の国際緊急援助隊について、「本当によく頑張ってくれている。中国
行って活躍している姿は本当に尊いものだ。成果がどういうものか分からないが、医療チームも送るので、おおいに活躍してくれるのではないかと期待してい
る」と述べ、今後も引き続き行う援助隊の活動に期待を示した。首相官邸で記者団が「緊急援助隊の現場から、思うような成果が上げられないとの声が出てい
る」との質問に答えた。

−−−−− http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/146221/

 この人、福田さんの事が中々記事にならないなぁと思ったら、いや、恐れ入った。この人ってば、何にも認識出来ていない、ある種の認知症なんじゃるめぇか?

 派遣された救援隊の主たる目的と装備は生存者の探知と救出であって、特に災害救助犬を引き連れた第2陣は生存が前提の組織だろう。それが、死亡前提の地域や装備に全く合わないような現場を引きずり回されている姿も、そして死体の掘り出しを「賞賛」されている姿には更に、みてる方がいらつくってもんでしょ。

 こんなんなら、先に医者、そして遺体処理のための防疫処理のための自衛隊を派遣してもよかったんじゃないか?救援、救護のための消防組織じゃ間尺にあってねぇや。

 そりゃ、優秀な救護隊だ、徹夜で二次災害の危険もあろうという現場での作業も厭わないぜ。でもさ、そりゃまるで戦争にピストル持って行くようなもんでさ、まるで自殺行為、全く現場の苦労がニュースしか見てねぇ俺の方が感じるよ。

 福田さんさぁ、早くお辞めなさい。消防だってさ、あんた公務員だよ。あんたは旧大蔵官僚とかさ、高級な部類しかお気に召さないのかも知れないけどさ。もう少し、市井の人を大事にしなさいよ。もすこしさ、認識が正しきゃ、あんた、あの国に行ってもらう人たちにもっと役立つスキルを持った人たちが、もっと役立つ時に行けたんじゃない?

 福田さんさぁ、あんた、タイミングも悪いしさ、って別に運が悪いってんじゃねぇよ。そうじゃなくって、あんた、いっつもさ慎重ぶったり、人の顔色見たり、てめぇの意固地でさ間を外してるんだよね。それってさ、くすぶり以前に、最悪じゃねぇの?

 そろそろ、潮時だよ。お疲れさん。
posted by ぼへみあん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

「アラー」の毛の模様を持つヒツジの赤ちゃん、人々が「拝み」に殺到



 アラーの模様が浮かび上がった子羊。日本だったら、さしづめ菊の御紋か、、、。などと考えつつ、去年行った、ボルネオのイスラム博物館を思い出した。
 博物館は2階建てで、入り口で料金を支払うと、まずは、当然、イスラム教がアジア、マレーシアに伝播した様子や、様々な遺物、文献が展示されている。一階をほぼ一周したところで階段を上がってシャンデリアを見ながら2階に上がる。そこも、ゴテゴテとイスラム建築のミニチュアとか、古そうな刀剣が飾ってあったんじゃないかな。そして、その奥に進むと、なにやら新しい写真が飾ってあって、このアラー模様の浮かんだ自然の創造物が映し出されていた。
 キリスト教だと十字架よりも、キリストの顔や身体に見えそうなものが対称だが、イスラムの場合、神の姿が無いので、この模様が大切なシンボルとして認識されるようだ。たしか、偶像崇拝は禁止されていると思ったけども、ま、気高きものに肖りたいと思うのは洋の東西を問わず同じなんだと思った。
 確か、スペースシャトルから見た砂漠に浮かぶアラー!などもあって、この模様はあちこちで活躍しているようだった。

 因みに、Youtobeで似たような事例が紹介されています。。。

posted by ぼへみあん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

議論=進歩(かな?) − 「五輪聖火リレー中止を」=大地震発生でウェブサイトに意見

----- 時事 Yahoo!

 【香港13日時事】12日に中国四川省で発生した大地震で多くの死傷者が出たことを受け、同国内のウェブサイトでは「北京五輪聖火リレーを中止せよ」という声が出ている。

 さまざまなサイトの掲示板で「聖火リレーをやめて、節約した経費で被災者を支援するよう強く求める」「金は使うべきところに使え。国を挙げてお祝いをしている場合ではない」といった投稿があり、これを支持する意見が多い。

 ただ、一方で「被災者救援のために聖火リレーを中止しなければならないほど国は貧しくはない」などと主張する反対論も見られる。 
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080513-00000055-jij-int

 時々、中国のWeb情報にはガセが混ざることもあって、少し気がかりだが。。。

 このニュースは、もしかしたら、大陸プレートと同じくらいユックリだが、中国の14億人が動き出したと言う事を示しているかも知れない。今までの単なる「中華至上主義」「国威発揚」「身勝手振り」から、自国内とは言え、多少は人を慮る事が表出しているのかも知れない。

 寧ろ心配なのは、ダルフールだ。(チベットも心配だが)ダルフールはタイミングが悪すぎる。
中国、ダルフールの諸問題解決に努力(5月8日中国情報局)
このニュースが出ることで、少しは状況の収束があるかと思ったのだが、地震に呼応するかのように、
スーダン:ダルフール問題 「反日政府勢力を支援」チャドと断行(毎日.jp)
なんて言うニュースが入ってくる。恐らく、テレビじゃ取り上げられないだろうが、地震との関連付けを妄想し、中国の今の限界点を感じる。

 これが、アメリカからの軍事支援だったら、同様の災害があっても、海外への支援は別口として実行し続けられるだろう。日本でも、資金援助、民間援助と言う形だったら、首都被災の状況でも行うと信じている。他国であっても、それが国民に認知された援助であれば、自国と同様、人道、人命への影響の無い様に対応の継続性が行われるだろう。
 しかし、中国では、(まだ?)その成熟性を持たないと、このニュースで感じた。つまりは、
(1)      政府の主要政策
(2)      自国民の救済
(3)−(99) 自国の何か、もしくは国益に直結する問題への対応
(100)    既にコミットされた他国(で行った自国の失策への)対応
その程度の優先順位なのでは無いか。
 国益に直結していなければ、たとえ、人命・人権・人道に関わる問題であっても他国で起きた事には責任は取らない。いや、取れるほどの余力も民度も、そして感性も無いんだろう。

 いやしくもお天道様が見ている中で、テメェがってな事ばっかりやりやがって。それじゃテメェのところにいつか焼きが回るってのは道理ってもんだ。今般の地震がテメェらの不徳だとはぁ思っちゃいねぇし、逝きなさった皆々様にゃぁ冥土の幸せを祈るぐらいしかできねぇがよ。テメェらが気にするメンツだとか、尊敬だとかよ、そんなくすぐってぇコタァ、そりゃ、テメェの前とか後にしか他人様を見ることがデキネェなら、一生、いや滅法界難しいんじゃねぇのか。少しは、他人様の命もテメェの命も少しは同じように考えるクセつけちゃ如何かねぇ。
 それによ、ダルフールについちゃ、テメェの好き勝手で事がが拗れたんだ、国が割れたんだ。そりゃ、テメェの身が裂けられようとも、先に始末つけるのが人の道だ。それがよ「支援」をする国の勤めだろ。テメェのやった「支援」は所詮、銭漬け、札束ギリでよ、奴らにとっちゃ、結果良い迷惑でしか成ったんだろ。
 おきゃがれぇ、テメェのケツの置き場によって拭き方かえるなんざ、金輪際、ゆるさねぇからなぁ。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0508&f=politics_0508_007.shtml
posted by ぼへみあん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続くなぁ。。 − 中国四川省の大地震、死者は1万人 新華社



 なんか、いやな災害と人災のニュースが東アジア中心で続いているような気がして気持ち悪い。天災だと。
 1. 韓国で謎の高波 9人死亡
  http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080504-OYT1T00691.htm
 2. ビルマでサイクロン 死者・不明32万人
 http://www.asahi.com/international/update/0512/TKY200805120064.html
 3. 日本じゃ、季節はずれの台風と地震の頻発

 そこに人災と言う言葉が適切では無いかも知れないが、チベットの問題を考えると、この地震のニュースが妙にクロスオーバーして見える。

 
 ジュセリーノの予言を見てみると↓
 http://www.jucelinodaluz.jp/prophecy.html#2008
 千葉でM7.2が今月(5月)に起きると言ってるのが、5月8日の地震なら「かすった」かも知れない。これが四川の地震なら、精度が低すぎるだろうな。それに、もっと大きな災害になったビルマ(と敢えて表記)のサイクロンが記述されている様子、上記のサイトからは見えないなぁ。やっぱす、ダメか。。。

 それより、この偶然の一致と感じられるような一連の事柄、、、なんか気持ち悪いと思う方が、自然かな。。。。

と書きつつ、災害に見舞われ、命を失われた方々のご冥福をお祈りする。
posted by ぼへみあん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

東京の憩いは。。 − パレスホテル高層化案に変更要請、宮内庁が皇居内眺望に配慮

----- 
 皇居わきに立つパレスホテル(東京都千代田区)が、現在の地上10階から23階建てへの建て替えを予定していることがわかり、宮内庁が計画の変更を要請している。



 皇居内にある宮内庁病院の窓が客室から見えるようになるためで、同庁は「天皇陛下や皇族方も入院されるだけに、プライバシー保護への高度な配慮が求められる」と訴えている。



 パレスホテル側が同庁などに示した計画によると、建て替えにより、同ホテルの高さは現在の約30メートルから約100メートルになる見込み。



 来春から工事を始め、2011年秋に完成、12年春に営業を再開する予定だ。



 同ホテルと宮内庁病院との距離は約200メートル。病院の2階には皇室専用の御料病室が2部屋あり、最近では01年11月に皇太子妃雅子さまが愛子さま
出産のため、02年12月に天皇陛下が前立腺の組織検査のため、昨年6月に三笠宮寛仁さまがアルコール依存症治療のために入院されている。



 今はホテルの最上階に立っても樹木に遮られて病院の屋根付近しか見えないが、建て替え後は、高層階のバルコニーから御料病室の窓が見えるようになるという。



 宮内庁が昨年末以降、計画変更を再三申し入れてきたのに対し、ホテル側は「10階以上のバルコニーに特殊なスモークガラスを使ったスクリーンを設けて、
病院の方向が見づらくなるよう配慮する」などと回答。しかし、同庁は「ホテルからのぞかれかねないという意識は消えない」と反発、病院の近くに両陛下が使
用されるテニスコートもあることから、「警備上の問題も生じる」としている。



 パレスホテル広報室は「まだ計画を公表できる段階ではなく、コメントを控えたい」と話している。
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000023-yom-soci

 パレスビル、パレスホテルって、なんか古めかしくて好きだ。暗い通路とか、なんとなく埃とかカビの臭いがしそうな(現実は違うけどね)、そう言うのが既に魅力になっていると思う。
 最近、丸の内全体が高層化と最新化されているなかで、歴史的建造物と言うほどでもないが、十分にいかめしい建物が減った。でも、それだと街の味がなくなると言うか、なんかつまらない。水と一緒で少し不純物、ミネラルが入ってる方が、旨いもんだ。

 確かに、寂れてしまった印象も強いが、それでもしぶとく生き残って欲しい建物だ。特に高層化は、あの周辺の光にも変化を与えるだろう。四季の変化をお堀や並木に注ぐ日光で感じられる数少ない東京の景色だ。不敬なだけでは無く、景観だけでなく、人の心が安らぐ場所として、せめて高層化は辞めて欲しい。
posted by ぼへみあん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華経済圏へ。。。 − <ソフトバンク>ボーダフォン、中国移動通信と連合設立へ 

−−−−− 毎日新聞 Yahoo!
 ソフトバンクの孫正義社長は8日、東京都内で会見し、携帯電話の売上高で世界一のボーダフォン、携帯の加入者で世界一の中国移動通信(チャイナモバイ
ル)と携帯事業の研究開発の合弁会社「ジョイント・イノベーション・ラボ」を今夏をめどに設立すると発表した。3社を合わせた携帯加入者は約7億人とな
る。



 新会社はさまざまな基本ソフト(OS)が使える携帯のインターネット基盤技術を開発する。コンテンツの配信や課金サービスが3社共通になり、コンテンツ業者が3社共通で配信できるようになれば、コストダウンでサービスが安くなる可能性があるという。



 3社が3分の1ずつ新会社に出資し、孫氏が会長になる。新たなサービスを来年をめどに発表するという。



 ソフトバンクとボーダフォンは06年5月に携帯電話の技術開発など合弁会社の設立で合意したが、これに中国移動通信が加わる形となる。契約者は中国移動通信が約3億9000万人、ボーダフォンが約2億5000万人に対し、ソフトバンクは約1900万人。



 孫社長は「ソフトバンクは国内で3番目の携帯電話会社にとどまるつもりはない。5年以内に3社連合で10億人となり、着メロや携帯のゲームを配信するビジネスができる」と述べた。【川口雅浩】
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080508-00000174-mai-bus_all

 国際的な通信事業者は、パイ(人口)の大きさが経営基盤の大きさだと言う信念があるように思う。テレコムイタリアも単にイタリアの通信会社では無く、アジアに子会社を持っている。T-mobileもドイツから北米に基盤を広げている。一方で、隙間を狙うようにイギリスではCarphoneなどがMVNOで基盤投資を抑制しながらビジネスの拡大に成功している。つまり、大きなパイを食べる奴は更に大きなパイを狙う一方で、そのこぼれた所を上手に活かす奴がいる。

 通信事業は、国際競争と最もかけ離れたところに「居た」と思っている。よくも悪くも政府が関与する事業だっただけに、露骨な競争関係には晒されていなかった。MNP以降、競争が激しくなったとは言っても、結局は「決まったパイ」がある前提での話だった。既に、海外から見たら、そこがあまちゃんだったんじゃないか?
 少なくとも既に日本の通信事業者で海外に手を広げる体力を持つところは無い。金銭的な面でも、技術的な面でも。更に言えばITの面でも困難だろう。会社を統合してITの効率化をしたところが無いんだから。。。それらの課題を乗り越えられなければ、いずれ国際的に寡占化するであろう国際的通信事業体の「子会社」「日本法人」になってしまうと思っている。
 
 そしてVodafoneは遂に汎ヨーロッパを脱した先駆者としての動きを加速した。しかも組んだ相手が中国移動通信とは。。。最も金のあるキャリアと(恐らく)最もユーザ数が中国移動通信多い中国移動通信、3億だ。たしか北京移動通信が地域子会社だと思ったが(確認した方がいいな)、そのユーザ数だけで既に汐留通信 否 Softbankを越えている。既に日本の「有力通信事業者」は国際的には桁外れに小さいのだ。ま、元はVodafoneの子会社だったのだから、致し方ないのだが。

 昔から孫氏がいつかSoftbankを手放すのでは無いかと言われている。MNP以降、技術面では世界に伍してきたDocomoが不振だ。この通信事業連合が、どのようなアライアンスとなるかは判らないが、提携の強化と言う形で、この国の通信事業が12億のユーザを持つ通信会社に買い取られる日が来るんだろう。そして、それがただ一社で収まると思うのは、楽観的だろう。

 結局は政府に守られてきた業界だ。それだけに課題の範囲が「想定外」だと、麻痺したように動かなくなる「遺伝子」を組み込まれた日本のキャリア3社。互いに叩き合う事が競争だと信じていた。そのレベルで見れば孫氏の動きは、とても新鮮だ。しかし、その裏を考えれば、保護されすぎた業界をあざ笑っているようにしか見えない。

 3年後のキャリア地図はどうなるんだろ。単に「便利なら良いじゃん」「安いんだったら良いじゃん」で済む話なんだろうか。
posted by ぼへみあん at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

江乃傭兵から胡乃傭兵へ − 【胡錦濤氏訪日】河野衆院議長がチベット念頭に「主権内で処理すべき」と発言

----- iza :イザ!(抜粋)
 中国胡錦濤国家主席は8日午前、国会内で河野洋平衆院議長と会談した。河野氏は、チベット問題を念頭に「中国国内の問題は主権内で処理されるべきだ」と述べる一方、北京五輪成功へ期待感も示した。
----- http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/143348/

 この人の中国ベッタリは今に始まったことでは無いだけに、発言に今更、何の重みも感じるべきでは無いのだと前提をおきたいところだが。だが三権分立の中で「国権の最高機関」であり「参院に優先する」衆院議長としての立場を考えれば、非常識さ加減に腸が煮えくり返る。

 胡さん、あんた上手いね、お世辞がこんなに綺麗にきまるとは、もしかしたらご自分でも驚いたんじゃあるめぇか、「議長は日中友好関係構築の立役者として著名だ。古い友人として知られている。」これを正しく日本語訳したぁるとねぇ、「議長は、日本の中国に対する隷属姿勢を示すシンボルとして著名だ。洋平は傭兵と書くと古くから知られている」とね、そう言いたかったんだろうが。
 で、議長さん、あんた、ほんとロクデナシだ。あんたが、時代、時期のさだめで自民党総裁になりながら総理大臣になれなかったのは、せめてものこの国の幸いだったと思うよ。あんな美辞麗句で裏事情がチラリちらりと見える共同声明に「内容が濃く」だと。おふざけも大概にしやがれよ。「戦略的互恵」だと、え!大陸棚が繋がってれば、そりゃてめぇのもんだって主張を裏で呑んだ様なこの国の姿勢を「互恵」とは口が腐ってもイエネェのが国士だとは思うがよ、貴様の言うことぁ、中国からの密使の発言か。てめぇら自民党が庶民に近い立場だとか、てめぇがっても過ぎるってもんじゃねぇか。そんならテメェの議会を解散するよう、総理お大尽にでも進言してみやがれ。その上で、チベットが国内問題で処理されるべきだなんて、どこまで「あの国」の肩持てば気が済むんだ。その国の国民が無駄に折衝されたり、亡命したりしなくなるように、少しはちくりと山椒の利いた話でもするのが、三権の一つを担うお方の立場じゃなぇのか。亡命って事になったりよ、人権問題の解決ってのは機能しねぇ国連でも議論の対象になろうってネタじゃねぇか。それを「握りつぶせよ」と言わんばかりの発言には腸が煮えくり返りすぎて、へそが茶を沸かすって状況だ。
 まったくよ、テメェの顔を拝まなくするためにも、とっとと解散総選挙して、国民の信を問えってことよ。わかったか傭兵。
 
 ざけるな傭兵!
posted by ぼへみあん at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売国の匂い − ガス田、夏前に決着=政府高官が見通し

−−−−− 時事通信 Yahoo!
 7日の日中首脳会談で早期合意を目指すことで一致した東シナ海ガス田共同開発問題について、政府高官は7日、夏前に両国が基本合意し、具体的な内容を発
表できるとの見通しを明らかにした。基本合意に達すれば、2004年10月から日中間の交渉が続いてきた懸案事項が解決に大きく近づくことになる。

 政府高官は「(ガス田問題で日中)両首脳の考えは一致した」と述べた。同時に「すぐに発表すればたちまち壊れてしまう。日中双方の国内調整が残っている」と指摘した。

 首脳会談での具体的な合意内容については、明らかになっていない。福田康夫首相は7日夕、7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に合わせた胡錦濤国家主席の再来日までに決着できるか記者団に問われ、「それはできるだけ早く。そういうことです」と述べた。

 基本合意に達した場合、日中両政府は直ちに対象海域や出資比率など、共同開発の内容を定めた条約締結に向けた交渉に入る方針。ただ、日中の利害調整は難航するとみられ、最終的な共同開発までにはなお時間を要するとの見方もある。 
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000109-jij-pol

 なるほどね。「国内調整」のために全く詳細は表に出さない共同声明だったのか。あほらしい。既にレイムダックとなった福田政権の「アピール」と媚中派どものために。

 最近、中国以外でパンダなんて話のネタにあげたこたぁねぇ。動物園だって多摩やら東武で十分だ、なんなら小田原城でも十分楽しい。パンダなんざ、レッサーでも良いんだしな。
 何が、日中友好のシンボルだ。こちとら別にパンダなんざ、「貸して」頂く必要はねぇんだ。そう意味では、都知事の石原さんに見事に同じ考えでな。第一、パンダの生息地の四川省、そりゃおめぇ元々が漢民族の土地じゃねぇよな。ありゃ、チベット族の土地だ。そうそう、中共が叫ぶ「大中華」の範疇だろうが、そりゃ国際法で考えりゃ、チベットの持ちもんをチベット毎、かっさらったってことだわな。

 で、そのチベットからの収奪品をネタに、今度は、この日本の領有するところを「共同」開発か。笑わすねぇ、てめぇら、軍艦あつらえて、オレッチらの技術使って、俺らのガスを吸い上げるって訳か。その上、おめえらが別名で呼んでる、「尖閣諸島」を召し上げようかと。そこんとこの算段、みせねぇ政治家連中もセコだが、知ってて知らぬ顔のマスコミどものせこい事。
 いつから、この国はこんなクスぶっちまったんだか。。。
Free Tibetの前に、Free Japan!を叫ぼうか。

しかし、中共のやり方は、いい加減、反省しねぇと国際社会のモラルが、腐った国際社会のモラルが、、、、朽ち果てるな。黄禍だわな。
posted by ぼへみあん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

だ、誰がエースだ!? − 土壇場の出場権獲得劇、アスタナのジロ出場が正式決定

----- CYCLINGTIME.com(抜粋)
ジロ・デ・イタリア開幕が1週間後に迫った2008年5月4日、レース主催者のRCSスポルトは出場チームリストから外していたアスタナのレース出場を正
式に決定した。コンタドール、ライプハイマー、クレーデンの強力な3名を擁するアスタナは一躍マリアローザ最有力候補に名乗りを挙げた。



レース主催者RCSスポルトが2008年2月に発表した出場チームリストの中にアスタナの文字は無かった。衝撃的な「アスタナ外し」の理由としてRCSスポルトは「モチヴェーションの低さ」を挙げていた。
-----  http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=8081
 ついにグランツールの時期になりまして、ツール・ド・ロマンディも終わりまして、でもって、意外なニュースが飛び込んできまして。。。詳細は上記URLで!なのだが、兎も角も今期最強チーム!且つグランツール追放状態のアスタナがジロに出そうだ。ディスカバリーの主力を引き取りながら、去年のドーピング問題からチームの連帯責任状態で引きこもり状態だったのに。。。急に声掛けて、、、ファンとしてはコンタやライプハイマーが見られりゃ嬉しいけど、出る側にしたら、コンディショニングもピーキングも無く呼び出すとは。。。複雑だよなぁ。
  もう長年の問題だけど、UCIと興行とのバランスが取れない限り、ツールを含めて似たようなことが繰り返されそう。。。選手の皆様、Live Strongです。。。頑張って。
 
posted by ぼへみあん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間を大切に − 日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題の早期解決目指す



 しかし、日本には政治家と言うのは居ないのだろうか?懸案事項に関しての討議はもとより、その問題意識すら表明していないのでは無いか?毒餃子、大気汚染と言う国民生活に直結した問題。チベットを始めとした人権問題。そう言った問題について何も言わずに終わりとは情けない。
 「他人の嫌がることはしない」と言うのが、私たちの総理大臣の方針なのかも知れないが、私たちが嫌だと思うことについては、そのまま受け入れるのだろうか?時間が解決してくれると思っているのだろうか?
 胡錦濤にしてみれば、そりゃ満足だろう。耳障りな意見を聞くことも無く、成果として温暖化ガスやガス田開発などに一定の布石を打ったいえるだろうしね。。

 しかし、この胡が来たことで腹が立つのは、真紀子だ。『 昨年12月の訪中時に続き、胡主席とは2回目の面会となった真紀子氏は「日中のことを大事に思っていらっしゃる方」と評価。混迷するチベット問題については「あえて申し上げなかった」としたが、「東京オリンピック当時の日本と同じように、中国国内でエネルギーが横溢(おういつ)している。それをプラスの方向に持っていく努力が必要」と話した。』(新潟日報)そうだ。
 何をもって「敢えて申し上げなかった」んだっつーんだぃ。この女の頭ン中ぁ、親父のご真影を飾っている隙間ぐらいしかねぇんだろ。まったく、「井戸を掘ってくれた恩人の娘」って地位でニュースに出る事が目的で、そのためにゃ、どんな悪人でも持ち上げるって事だろう。
 それが「敢えて」なんて言葉になっちまうんだから恥ずかしいったらありゃしない。「聞いたところで、あたしの価値が下がっちまうから、聞けなんだ」といやぁ、まだ判るってもんだろ。
 「横溢したエネルギーをプラスの方向に持っていく」と言ってるが、一つ聞きたいね。どうやってプラスに持って行くんだい?そのプラスってのは、どこなんだい?おっと、質問が2つになっちまった。でもよ、田中さん、真紀子さん、あんたのプラスはわかんねぇよ。まったくエゴの塊みてぇなあんたのプラスがよもや国益に叶うとは思えねぇんだ。それによ、あんたはいつも批判はお上手だ、当事者意識の無さ、言ってみりゃ昔の井戸端会議のよ、そのレベルだったらわかるがね、高いところから物申されるならよ、どうやってプラスに持っていくのか聞かせてくんねぇか。もちろんよ「媚中」な相談なら願い下げだぜ。

 結局よ、古今倒産、否 胡錦濤さんの訪日っつーのは、パンダ2頭を貸してやるって「ご高配」に与る事が目的だったらしい。そんなパンダなら熨斗つけて返すのも勿体ねぇ。受け取ることから願い下げた方がいいんじゃねぇか?
posted by ぼへみあん at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

素晴らしき論評 − 「最も醜い売国行脚」 北朝鮮が李大統領を非難

----- iza:イザ!
 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は2日、韓国李明博大統領が4月に行った日米歴訪について、「民族の尊厳と利益を外部勢力に売り渡す最も醜い売国行脚」と非難する論評を掲載した。
 北朝鮮メディアが李大統領の日米歴訪結果を本格的に論評したのは初めて。
 
同紙は特に、日米韓3カ国の協力関係の必要性を強調した李大統領の姿勢について、「容認できない挑発」と反発。歴訪中に提案した「南北連絡事務所」設置に
対しても「(南北)分断を固定化しようとした冷戦時代の遺物だ」と指摘、あらためて受け入れ拒否の立場を強調した。(共同)

----- http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/142174/
 聖火リレーや毒餃子に関する中国政府各省庁のスポークスマンの弁舌や、北朝鮮のテレビ放送を見ていると、流石だなぁと思う。相手の落ち度をあげつらったり、逆切れしたり、高圧的に仕切ったり、まるで大本営発表だ。
 それを見てると、兄弟なんだなぁと思う。

 一方で、南北朝鮮、同一民族なだけにエキセントリックな反応を示す北のコメントはわかり易い。

でもさぁ、売国行脚ってさ、お宅の首領様のモスクワだの北京だのへの列車旅行の事かと思ったよ。首領様ったら、たしか飛行機はお嫌いだから列車で陸路移動しか出来ないんだよね。そりゃ、御付の御家来集も大変だぁ。でもって、偉そうな顔して腹突き出しながら、肝臓が悪いだの、でも酒は呑みたいだのって良いながら、援助引き出すために列車に乗ってたよなぁ。
 そんな金があるなら、少しは国土の保全に使ってよ、貧困国家からの脱却をめざすんだよ、本来はよ。ところが、日本からはパチンコの胴元で稼いだ金やら麻薬・覚せい剤の上がりが入るし、米ドルの偽札やら偽タバコで儲ける方が手っ取り早いっつーんで、結局、やくざな金しか稼げない二等でも三等でもない外道国家になったわけだ。そんな国っつーか所から、「売国奴」と言われるのは、そりゃ最高の褒め言葉なんじゃねぇのか?
 この国もそうだがよ、てめぇの国民を守れねぇ、まもらねぇ政府なんざ、糞の役にもタタネェってんだわ。福田さんよ、それから自民党さんよ、あんたらも同じ様なもんなんだぜ。
posted by ぼへみあん at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治・経済、食糧・エネルギーの不可分性 − 米国、食糧価格対策で7億7000万ドル拠出へ



 未だに「農業問題」と言うと、「経済の効率性を追求して、非効率な産業を切り捨てることが国益に適う」と言う人が多い。特に経済人や米国留学経験のある政治家に偏りが見られる。
 本当にそうだろうか?

 かつてのように経済、というより資金力にものを言わせて、世界中で食糧問題があっても札束で何でも買い付けるだけの能力がこの国に永続的にあるだろうか?経済効率を追求することで永続性の保証ができるんだろうか?

 記憶違いかも知れないが、一旦、廃止した水田を再度耕作可能にするには最低でも5年掛かると聞いた。気づいたときに食糧の輸入能力が無くなっても、私たちは5年待たなければ、輸入依存から脱却は出来ない。しかも、農業が出来るだけの人材を育てるにはもっと大きな時間が掛かる。こうして、机の前でPCを叩いている私が農業に耐えられるだけの体力を作るには、中々の苦労が要るだろう。

 実際のアメリカは農業国だ。日本の多くの食糧も狂牛病やポストハーベスト、遺伝子組み換えなど既に問題を抱えながら、彼らの農業生産能力に頼らなければ成らないのが実態だ。そのアメリカの農業が「食糧」から「エネルギー」にシフトしだしてしまった。OPECも1バレル200ドルの可能性すら示唆しているのだから、「経済効率」を考えれば、より高く売れる作物を作るのは当然だろう。

 腹が減っては戦は出来ないのである。中国、インドが農業から工業へ労働人口をシフトしている状況もあって、「食糧」の生産能力は漸減しているような気がする。

 ブッシュさんもさ、そろそろ引き際な訳だ。この経済政策が金持ちに受けるかどうかはしらねぇが、自民党さんがバカにした民主党さんの「農業バラマキ」公約と一緒で、結果として国と世界の足腰を守ることになるんじゃねぇのかねぇ。白い米、菜っ葉に味噌汁。そんな食事だって、俺たちゃ自前で用意できねぇ国なんだ。そんな国が札束でほっぺたひっぱたきながら、ヨーロッパやら南アメリカやら、しまいにゃアフリカまで言って食糧を輸入してる。輸入している路上にゃ食糧危機で飢え死にしてる餓鬼や年寄りもいるはずだ。だけど、そんな贅沢を否定はしねぇよ。だって、俺だってマグロも牛も好きだし、時にはフォアグラだの北京ダックだの家畜が贅沢した上でしか食えねぇ贅沢の二重取りみたいなもんだってクイテェさ。でもな、道路作るよりもだ、オリンピックやるよりも、もっと足腰になるところによ税金使った方が、世のため人のためなんじゃねぇのか?
 やっぱりよ、どんなに食いつぶしたって、手前の金で、米に菜っ葉ぐらいの飯はよ、食えるようにしてくんねぇか。他の国が「おめぇのところに売る余裕なんざねぇよ」といわれてもよ、それでも安心して、飯が食えるくらいのことできねぇのかな?それが働いてる人間にとっての政治ってもんじゃねぇのかね?
posted by ぼへみあん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

逆差別反対 − 女子が変える!?小池、猪口、ゆかり氏の政策ユニット発足

−−−−− 産經新聞:Yahoo!
 小池百合子元防衛相が、東京を地盤にする小泉チルドレンの猪口邦子元少子化担当相、佐藤ゆかり衆院議員と3人で政策ユニット「TPL」(トーキョー・プ
ロジェクツ・オブ・バイ・フォー・レディース)を結成した。小池氏は「女性の女性による女性のための政策を提言していく」と意気込むが、「女性パワーで天
下取りを狙うつもりでは」(自民中堅)との見方も広がっている。

 小池氏らは1日、国会内で記者会見し、6月下旬に共著「東京女子大作戦」(小学館)の出版を発表。表紙などの写真は篠山紀信氏が撮影。小池氏が環境、猪口氏が少子化、佐藤氏が金融・経済の各分野で政策提言する。

 ユニット結成は、佐藤氏の東京5区への国替えを祝い、3月末に3人で食事したことがきっかけ。「女性の視点で東京を住みやすく働きやすくすべきだ」と意気投合したという。

 小池氏は4月1日に京都議定書目標達成議連(もくたつ議連)を発足させるなど活動を活発化。「ポスト福田」と言われることについて小池氏は「名前を挙げ
てくれるのは光栄の至りだが、それでみなさんが楽しんでいるのではないか。一兵卒として次の衆院選に備えることで精いっぱいです」とけむに巻いた。

 とはいえ、著書の出版記念パーティーは北海道洞爺湖サミット閉幕直後の7月10日。福田康夫首相の「サミット花道論」がささやかれる折だけに、微妙な日取りといえそうだ。
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080501-00000965-san-pol

 別に良いんですよぉ、皆さん頑張ってくれれば、そのためにチーム作るのも悪くは無い。でもね、話題作る為に徒党を組むのはねぇ、どうなんですかねぇ。佐藤さんなんて、この間まで「岐阜に嫁入りしました」って言ってたでしょ。小池さんだって、元は兵庫からの立候補じゃなかった?でね、道路と一緒なんだけどね、「女性の目」とか「サラリーマンの目」とか、そんな事で東京を良くしたいんだったら、地方議会でねやって欲しいのよぉ。都議会でも区議市議会でも良いからさぁ。あんたがたは国政のレベルで考えて欲しいの。だから衆議院でやってるんでしょ。それにさ、その時にでもさ「女の立場で」なんて歪狭な視点で仕事して欲しく無いんだよね。それってさ、土建屋の立場でも、公務員の立場でもやり易い国づくりってのが有った訳だ。でもって、その偏狭な利益追求が、この国をメチャメチャにしちまったんだと思うんだがね。
 で、そのバランスを取る為に、今まで薄かったところに、厚く盛るって言う、よく東国原さんが「宮崎は遅れてるんですよ」ってな具合で盛って行くとのは、もう無理だと思うのよ。少なくとも、その前に屋台骨として、国全体としてガタガタしてて、何をやるにもさ、財源不足って言うのがさ、自民党さんの主張じゃない。で、そのためにはさ、増税したいんでしょ。だったらさ、今、起きてる問題や課題からさ片付けてくれない?年金でも医療でもさ、先に片付けようよ。「だから、私たちは産婦人科を増やさないと」とかさ、言うんだったら、そりゃもう皆知ってる。で、そう判ってても何ともならないんだったら、そりゃ「男目線だからダメ」なんじゃなくて、与党としてさ、機能してないって事なのよ。わかるかな?お三方。
 ま、ともかく三人でさ仲良しチーム作るんだったら、どうぞ勝手にやっておくんなさいましよ。あたしもさ東京都民だけどさ、でもね、お三方のお助けは、期待してませんから。その程度の事しかさ、やってないのよ。今までの実績としてね。
posted by ぼへみあん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権交代のモデルケース(?) − 韓国が中国人への査証発給厳格化へ、聖火リレーでの暴力行為受け

----- ロイター
 [ソウル 30日 ロイター] 4月27日に当地で行われた北京五輪の聖火リレーで一部の中国人が暴力行為を行ったことを受け、韓国当局は30日、中国人留学生などに対する査証の発行規定を厳しくする姿勢を示した。



 聖火リレーでは、6000人以上の中国人学生が集結。北京での五輪開催を批判する抗議グループに対して中国人学生らが投石。警官の列に突入し、チベット支持者らを殴打、年配の男性をけるなどしたことから、怒りの声が上がっている。



 聯合ニュースによると、外交通商省のスポークスマンは記者会見で、学生を含む中国人に対する入国査証について、発行をより厳格にすることを検討すると述べた。



 一方、中国外務省のスポークスマンは29日、北京で記者会見し、学生らは聖火を歓迎しようとソウルに集まったのであり、悪意はなかったとコメントしていた。
----- http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-31608020080501

  ここのところ、韓国のニュースが楽しい。盧泰愚のころの中国朝貢外交の様子が一変したかのように見える。
 韓国のかつてのイメージ
   反日(恨)
   中国べったり
   北朝鮮ラブ!
   中途半端な反米
   「あいしてます」
 李明博後
   矜持

  中国外交の伝統的スタイルとして、良く言われるのは、「強気な提示で最大の見返りを狙う」と言う事だが、一方で「提示に対して安易な妥協を返されれば更に強気に、毅然と対応されれば引っ込む」と言う一面も言われる。
  今の状況を見れば韓国と日本の対中外交を言い表しているように見える。果たして、日本の政治家と外務省、通商産業省、法務省にこんなマネは出来るか?してみやがれ!

 他山の石。
posted by ぼへみあん at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界は宗教的迫害と見たか − 米ユダヤ系有力者、北京五輪のボイコットを呼びかけ

----- 産経新聞 Yahoo!(抜粋)
 【ワシントン=山本秀也】全米ユダヤ人会議(AJC)のリチャード・ゴードン会長ら在米のユダヤ系有力者185人は4月30日、北京五輪のボイコットを
世界のユダヤ人に呼びかける宣言を発表した。中国政府のチベット弾圧や、イラン、シリアなどとの緊密な関係を理由に「ユダヤ人はこうした政権のごまかしに
手を貸すべきではない」と訴えており、中国には痛手となる。
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080501-00000917-san-int 記事全文
 アメリカにおけるユダヤ人人口は約2%。だが、その政治的、経済的影響力は大きい。特に、近年はキリスト教福音派、ブッシュ政権と近いキリスト教原理主義と言っても良いグループとの連携も言われている。
 俗にユダヤの陰謀なんていわれることがよくあるが、実際に、隠然たる力を最強国アメリカで持っているのが彼らだ。
 また、近年、ユダヤの本拠地、そしてアメリカにとっては中東における最友好国イスラエルにおけるロシア系ユダヤ人の影響力が高まると同時に、ユダヤのロシアへの影響も強まっていると言う。一時、経済不信から国際社会でのプレゼンスを失っていたロシアだが、地下資源によって持ち直すと同時に、プーチンによる「大国ロシア復権」のアプローチが成功しつつある。

 そんなユダヤの人々が声を上げだしたことで、オリンピックだけでは無く、国際社会における中国の活動に影響がでるのだろうか?
posted by ぼへみあん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑ってる場合じゃねぇ − 暫定税率、衆院再可決で成立



 国会の写真に写る内閣総理大臣、満面の笑み。世の土建屋連中にも嬉しいニュースだっただろう。おめでとう。

 一方、産経でガソリンスタンドから見た混乱を伝えている。
涙、涙、涙…そして憤慨 GSの悲痛な叫びを聞け
都内は、公共交通機関が発達している。私自身、マイカーが無くても生活に支障は無い。電車でもバスでも好きな場所に行ける。でも出来れば電車で移動すべきだろうといつも思う。都内の道路は、どこで渋滞してるか判らないし、だから時間が読めないからね。だから本当は、もっと便利な道路も欲しいが、でも、いいや。勿体ない。

 これが、東京でも市部になると、公共交通機関はあっても、その網目がどうしても大きくなってしまう。だから、京王線沿線から中央線に抜けようと思ったり、小田急線沿線から中央線なんてのは、直線距離よりも、移動時間が大きく掛かったりした(モノレールで改善されたけどね)。だから、当然、場所によっては自動車移動が必要なのだが、この地域は致命的に南北のつなぎが弱い。小金井街道とか、府中街道とか、その外側の国道16号もそうだが、数も少ない上に、殆どの道がキャパシティ以上に交通量が多い。そのために、外環道なんて、巨大な建造物ができちまうわけだ。でも、本当は一般国道なり都道なりで充足される方が良いんだが。。。それでもガソリンが高かったら、ダレも走らんでしょ。

 更に、これが東京から出たら、マイカー依存度がもっと高くなるでしょ。結局、知事さんやら、売国奴「二階」やらが大声で叫んでるのは土建屋利権、公共事業予算で票を確保する方が、マイカーに乗ってる浮動票より手堅いって事を言いたいんだろ。

 年寄りが年金宙に浮かされて、そこから天引きされて、それでも車で移動して、医者が少なかったり、縮小されている病院に行って、それが今、一番注目されてる改善しなきゃいけない課題でしょ。厚労省案件ばっかりだ。せめて、ガソリン代の負担を下げておこうとか、上げるにしても、今後の使途をより福祉に振り向ける方針を確定すべきだろう。
 ところが、特別財源を無駄遣いし続けている国交省の利権を守る為には、じいさん、ばぁさんの生活はなし崩しのママっつーことですな。

 ニュースサイトを検索しても、売国奴「二階」のデモの様子は、どこにも落ちていないが(何でだ!)、TVで見たあの様子、このニュースの福田内閣総理大臣の笑顔、結局、この手のジィさんたちは、町で小銭入れを探りながら買い物してる人間とは別人種って事か。

 選良とか言われながらよ、その選んだ人間の一人一人を考えてたら、組織票持ってる「土建屋」の顔色だけ窺ってれば良いって話じゃねぇだろ。何でオレッチが、テメエらを売国奴と呼ばわってるかって判るか?国っつーのは、国土と国民と正当な権力があって国家なんだ。大切な税金を権力の乱用でグリーンピア何ぞ造りやがって、結果、赤字の垂れ流しなんて問題が表にでりゃ、それを二束三文でチャイナの業者に「払い下げ」だと。そりゃ、おめぇ国家の国土を切り売りした、まさに売国奴様の所行じゃねぇか。でもって、残り一つ、一番大事な国民をよ、全然大事にしねぇ。じいさんになって、ばあさんになって、孤独死するのが一番安上がりなんだよと言わんばかりの権力がよ、正当な権力でございなんてのは、お笑いぐさも良いとこじゃねぇのか?
 自民党さんよ、公明党さんも併せて言うが、テメエら、選挙に負けんのが怖くて、解散もできっこねぇ意気地なしの与党さんなんだよな。で、お二方が手に手を取ってこさえた内閣が、こんなにへっぽこな訳だ。テメエら、選挙に勝てる気がしねぇから、こんな事が出来るんじゃねぇのか?まるで、負け戦が判って機密資料を全部燃やしてる作戦将校みてぇによ。本当ならやっちゃいけねぇことでも、平気でやっちまうくらいに焼け糞なんじゃねぇのか?
 焼け糞で政治「家」ですなんてホザクんじゃねぇ。テメエら、とっとと「寄生痔蚊」と名乗りを換えやがれ。

 武士は食わねど高楊枝。武士道でも読んで、読書感想文を400字詰め原稿用紙に10枚書いて見やがれ。
posted by ぼへみあん at 01:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

法治とは − 韓国と中国、聖火リレーでの暴行問題めぐり緊張




 韓国見直した!感動した!と思っている私がいる。盧泰愚時代だったら、こんな正論は言わなかっただろうな。単なる朝貢国家だと思っていた私が浅はかだったかも知れないと、このお題に対する韓国政府の対応に賛辞を送りたい。
 法治国家において、逮捕権や安全対策は国家の存続異議に大きく関わる。何らかの理由があろうと、私人同士の乱闘は「暴行」等の犯罪として扱われるのが当然で、そこに外交的な理由は存在しえない。
 この事件、いってみれば自国のサッカー代表の試合を応援に来ていたサポーターと地元のサポーターの乱闘と、法的な意味は一緒だと考える。そうなれば、事は簡単で、どんな野次が飛ぼうが、乱闘は乱闘。それで処分して一巻の終わりだ。

 そこに、政府が出てきて、「我々のチームを侮辱した」だの「チームのシンボルのマスコットに傷がつけられそうだったから、守っただけだ」と言っても、それは私人が暴力を以って解決すべきことではない。

 今回は対象が聖火だから特殊かといえば、特殊性は警察が常に警護についていることだろう。(聖火警護隊もいたようだが)
 そうなれば、聖火及び聖火ランナーの警護、保護は地元警察の権限と責任で行われるべきで、それが機能しなかったなら兎も角、いわば出しゃばって喧嘩になったんだから、そりゃ、韓国政府の言うとおり、国籍に関係なく厳格な処分を下すべきである。

 先日のテレビタックルでも、中国側コメンテータが法意識の低さを垣間見せていた。結果として、彼らコメンテータの意見を聞いていると「強弁」「詭弁」としてしか聞こえてこない。「我々には抑圧された歴史がある」「10億人の人口を理解しているのか」「中国がオリンピックのようなイベントをやることに内心反対なんだろう」と言う事は、逆切れになっちゃいませんか?
 
 べらんめい、てめぇらの国が民草の気持ちも理解せず、隣近所の苦情にも耳を貸さず、それでアチコチから文句が上がれば居丈高。
 そんな了見で、聖火リレーは成功だったの、各国で歓迎されているだのなんて、てめぇの国の報道を見てりゃ、如何にてめぇ勝手なお国だってぇのは、こちとら風情にも判るってことよ。

 少しは、国際的な「倫理観」ってのも考えて見なさいな。共産党政府さん。
posted by ぼへみあん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

でかいのか、小さいのか。。 − 南極海で捕獲の世界最大のイカ、実は「小物」の可能性も



 いや、10mでも小さいんだ。。。従来、イカ界(?)最大は「ダイオウイカ」だったはずだが、このイカに「楽々と」抜かれた訳だ。。。
 http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-413.html
で詳しい説明と、「鋭い鉤」の写真が出ています。
 
posted by ぼへみあん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈黙は金「メダル」− 亡命チベット僧ら3000人が無言デモ、ネパール



 長野やソウルの聖火リレーを見ていて、「Free Tibet」を叫ぶ声よりも目立ったのは、中国語の怒声と中国国旗だった。声高な叫びは、聖火リレーにプラスになっただろうか?そう信じている「非中国人」はどれだけいるだろうか?

 日本と言う国、あるいは先進国の多くでの「叫び」に対する許容値は大きい。それは人権の保障があるからだ。(それは時に行き過ぎて「個」の増長を招く問題もあるが。)だから、中国の人たちが国旗を振り回し、聖火リレーのコースを真っ赤に埋め尽くしても、それが「大きな許容値」の範囲内であれば、何らの除外も無い。
 
 一方、オリンピックの主催国では「人権とオリンピックを結びつけるべきではない」と言っている。

 平和の祭典って何だ?平和ってのは、人間が安寧に、平等に暮らす事が出来る状況じゃないのか?そこでは、様々な権利が守られるはずだ。
 オリンピック憲章の細則にこうある、「人類文化の普遍性と多様性を象徴するもの」。これはオリンピック村の文化行事に関する規定だが、それこそが「平和」だからこそ守られる「象徴」じゃないのか?
 ダライ・ラマは「チベット文化の破壊が行われている」と訴えているが、つまりはオリンピックのコンセプトを開催国自らがぶち壊しているんだ。それが、問題なんだ。

 中国政府及び、中国政府のコメントにのみ従う方々へ、お願いします。沈黙こそが金です。チベット僧侶のこの行動に見習うべき点を見いだしてみてください。
posted by ぼへみあん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。