2008年03月31日

お待ちしています! − ダライ・ラマ14世、日本立ち寄り検討

−−−−− 時事通信 Yahoo!
 4月に訪米するチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、同月10日に経由地の日本に立ち寄ることを検討していることが31日、分かった。米国に
向かう途中に数時間程度滞在する計画とみられる。ダライ・ラマ法王日本代表部は「中国政府によるチベット自治区の暴動鎮圧問題について(記者会見などで)
メッセージを発信できるかどうかを検討している」と話している。
−−−−−  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000160-jij-int

日本が、本当にアジアの中で「自主独立国」、「民主国家」としての対面を保つなら。
日本が、人権を重要視するなら。
日本が、信教の自由と他国の文化伝統を守るなら。
日本が、法治国家なら。

ダライ・ラマ14世の入国を妨げることは無いだろう。

チャイナスクールの連中も、中国大使館も、媚中派議員も、ダライ・ラマ14世の入国に
異議を唱える事は無いだろう。
そして、日本のマスコミも彼の発言を伝えてくれる事だろう、変な脚色無しに。

ただ、最近の発言そのものが、チベット在住のチベット族の考え、思想と乖離しだしている
あるいは、既に統制が取れなくなっているのでは無いかと言う見方が気になる。

是非、この日本でチベットの将来像を世界に向けて発信して欲しい。

そして、日本国政府も、他国で蹂躙されている人権を、是非、例外無く救う努力をして欲しい。
posted by ぼへみあん at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謝罪の目的 意味不明 − 

−−−−− 産經新聞 Yahoo!(抜粋)
「あすから新年度が始まります。その20年度予算は先週成立いたしました。歳入面では4年連続で、新規国債発行額を減少させ、財政の健全化に向けた動き
を、さらに推し進めることができました。また歳出面では科学技術など成長力強化につながる政策、医師確保対策や防災対策など、国民生活の安心安全のための
政策、地域活性化対策といったような必要な政策課題に重点的な予算配分を行い、メリハリのある予算となったと考えております。しかし、予算成立の一方で、
その前提となる歳入のうち、ガソリン関係の税制改正法案は本日まで成立しないという異例の事態となりました。この状態が続けば、街のガソリンスタンドで大
きな混乱が懸念されるほか、また国、地方においても予算に大きな穴が生じることになります。国民生活を守るという総理大臣の責任を果たすために、最後の最
後まで、野党のみなさんと話し合いで解決できないか、ギリギリの努力を続けてまいりましたけれども、野党が多数を占める参議院では1カ月間、1度も法案の
審議が行われることなく、ついに時間切れとなりました。政治が本気になれば防ぐことができた地方財政や国民生活への混乱を防げなかったことは残念でなりま
せん。このように与野党間で解決できなかったとはいえ、政治のツケを国民のみなさんにまわす結果となったことについては、まずは心よりおわびを申し上げま
す。」
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000963-san-pol

音で聞いても、文字で読んでもうざいよなぁ。
そう印象を持ちませんか?

そして、こんなことを長々と言う暇があるんだったら、もっとやることやってくれと思う。
彼に対する信頼感は既に無いのだから、公約なんてと言う彼の姿勢に将来を預けるつもりも無いし、信念も目標意識と言う根底にあるべきものも感じられないのだから、実務をしっかりやって欲しい。

じゃなきゃ、さらば!
posted by ぼへみあん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

少し距離を取った方が良いんだろうな

チベット関連



「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に


3月27日21時47分配信 読売新聞









 【香港=吉田健一】チベット族による大規模暴動が起きた中国チベット自治区の区都ラサを26日、中国政府が組織した外国メディア取材団が初めて訪れ、香
港無線テレビ(TVB)は27日、「取材先の寺院の参拝客らはすべて当局が動員した関係者だ」などと訴えるチベット僧侶の姿を放映した。



 チベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪れた取材陣の前に約30人の僧侶が突然現れて語ったもので、「当局者を信じるな。すべてやらせだ」などと泣き
ながら訴えたという。AP通信はまたラサ発で、事前に当局が設定した取材を遮って僧侶らが「チベットに自由はない」などと語ったと伝えた。



 中国外務省の秦剛・副報道局長は27日、「僧侶が何を言ったか承知していないが、(やらせとの指摘は)根拠がなく、無責任で事実に合わない」と反論した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000065-yom-int

自然破壊

<漢方>野生の冬虫夏草、絶滅の危機―甘粛省


3月27日21時22分配信 Record China












<漢方>野生の冬虫夏草、絶滅の危機―甘粛省

26日、蘭州新聞網の報道によると、過度の採取による生息環境の変化により、甘粛省における野生の冬虫夏草は現在、絶滅の危機に瀕しているという。資料写真。




2008年3月26日、蘭州新聞網の報道によると、現在、過度の採取による生息環境の変化により、甘粛省における野生の冬虫夏草は絶滅の危機に瀕しているという。



07年、漢方薬の材料となる野生の冬虫夏草の産地価格は1kg4.8万元(約72万円)。野生は薬効が高く高価で、需要が増加しており、それにより近年、冬虫夏草の採取と環境破壊が進み、生息地の縮小を招いている。【 その他の写真



甘粛省甘南チベット自治州、隴南市などでは、毎年、地元の人々だけでなく、数万人に上る人々が近隣から押し寄せ野生の冬虫夏草を採取している。過度の採取は冬虫夏草の成長に必要な環境条件を損い、生存を危うくさせる。



野生の冬虫夏草は高山の草原で成長するが、その生育環境は特殊で、温度、湿度、植生、土壌などの環境条件が非常に限られている。生育期間が長いため、自然
条件の下での繁殖率は低い。そのため一部地区の植生破壊、乱獲が野生の冬虫夏草の生育環境を著しく破壊している。(翻訳・編集/YY)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000030-rcdc-cn

軍事

中国、2年後にも空母 防衛概観 日中防衛交流に警鐘(抜粋)

 防衛省のシンクタンク「防衛研究所」は26日、年次報告書「東アジア戦略概観2008」を公表した。装備の近代化が進む中国海軍について「空母建造の研究を行っていることは疑う余地がなく、将来、活動区域が中国近海を越えることは間違いない」と指摘。昨年8月に曹剛川国防相が来日するなどした日中防衛交流について「信頼醸成が進展しないまま『防衛交流』の看板だけが既成事実化され、中国の平和的イメージの宣伝に利用されることも予想される」と警鐘を鳴らしている。

 概観は、東シナ海ガス田開発をめぐる昨年の日中協議で日本が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国
軍は)軍艦を出す」と発言したことにも言及。「軍事的抑止力を行使する一方で海軍の友好訪問を行うことは、平和友好ムードを盛り上げ、日本側に東シナ海に
手を出すことをためらわせることによって、実質的に東シナ海における中国の覇権を確立することに(狙いが)ある」と分析した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/133059/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これが、2008年3月27日に報道された、中国関連ニュースの一部です。
「迷惑な隣人」と言う表現が良く合います。
軍事、特に海軍力の強化は、日本をチベットにするんじゃないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。
報道、信教の自由は無く、そして拷問、人権抑圧のある国。
資本主義国以上に拝金主義が横行し、自然の破壊が当然視されている国。
他国の利益に鈍感で、力で外交を押し進めようとする国。

そう見るのは偏見でしょうか。
posted by ぼへみあん at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

お疲れさまでした ー 桑田が引退へ=テレビ番組で表明−米大リーグ

−−−−− 時事: Yahoo!
 【ブラデントン(米フロリダ州)26日時事】米大リーグ、パイレーツの春季キャンプにマイナー契約で参加している桑田真澄投手(39)は、26日放送さ
れたテレビのインタビューで現役引退を表明した。桑田はTBSの番組でパイレーツのゼネラルマネジャーからメジャー昇格はないと伝えられたと言い、「燃え
尽きた。悔いはない」と語った。

 これについて、本人はこの日当地で「まだ僕の口からは言えない。球団からです。巨人時代と一緒で、筋を通したい」と否定はしなかった。「きょうの試合の後で」とも語っており、この日のオープン戦終了後に正式に表明するとみられる。

 桑田は21年間在籍した巨人を退団し、昨年大リーグに挑戦。パイレーツのマイナー契約から6月にメジャー昇格を果たした。19試合に登板して0勝1敗に終わり戦力外になったが、現役続行を希望。9月に右足首を手術し、今季は再びパイレーツでメジャー入りを目指していた。
-----  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000001-jij-spo

まだ少年だったころから彼を見て来た。
甲子園のヒーロー
疑惑のジャイアンツ入団でヒールに転向
 夢は200勝を上げての名球会入り
バブルと同時に「投げる不動産屋」
 清原曰く、「あいつは野球だけやってれば超一流なのに」と
投資に失敗して借金王
それと同時にメジャーを諦める代わりにジャイアンツが借金の肩代わり

そして、ようやくのメジャー挑戦も、一年目は不本意な故障で終わり、そして今年こそで臨みながら、ここで終章。

本当にお疲れさまでした。 これからが本当の桑田真澄の出番です。必ず、最高の指導者になってください。そして桑田を超えるピッチャーを育ててください。

 
posted by ぼへみあん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿政治家 その2 ー 福田首相、民主党にブチ切れ「正直訳が分からない」

−−−−− iza: イザ!
 福田康夫首相がとうとうブチ切れた。民主党ガソリン税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案の修正協議を拒否したことに腹を立て、記者団らに怒りをあらわにしたのだ。解決の糸口が見いだせないまま暫定税率の期限切れが迫り、指導力のなさを露呈している福田首相の焦りは頂点に達しているようだ。

 福田首相は25日午前、ガソリン税の暫定税率維持を盛り込んだ税制改正法案をめぐる民主党の対応に関し、「正直言って、理由がよく分からない」と述べ、不快感を示した。しかも、この時「分からない」を3連発。民主党に対する憎悪は膨らむ一方のようだ。

----- http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/132692/

ブチ切れるのは勝手、判ったか判んないかも勝手。でも、行政府のトップとしてやるべきことは、しっかりとやらなきゃ。
既に言われている事だが、暫定税率の期限も、日銀総裁の任期切れも、彼の就任時には判っていた事だ。彼が就任した時点で良く言われていた事は、「クリンチ作戦」だったと思う。民主党の反対意見に対立せず、ひたすら密着する事で、民主党の良さを消して行く姿勢を取るだろうと。
結果論だが、実際には、彼の「短気さ」「ボンボン育ち」の悪さが、寧ろ政策運営を難しくしているんじゃないだろうか?
そもそも、彼が官房長官だった頃の記者会見で、意にそぐわない質問に嫌み丸出しで答えていた姿、自身の年金不払いが発覚した直後に、あっさりと職責を全うせず逃げるかのように辞めた姿。
それを思い出しても、良く言えば「地位に恋々としない」なのかも知れないが、おいらには、「プライダーマン」にしか見えないんだな。
要は、自分のプライドが第一、それを守るために地位や金を使うタイプ。ある意味、ナルシスト。

子供が(限った話では無いけれど)、聞く事が恥ずかしくて、勉強が遅れてしまったりするのと一緒で、プライドが壊れるようなリスクがあるなら、何もしないと言う選択をする。それがより大規模な影響を与えるリスクでも、自分のプライドが壊れるリスクよりは小さく評価する。
それが彼のやり方、選択。

今後、更に政局が激化してくるだろうし、4月パニックも実際に起こるかも知れない。そう成った時に、彼はどうするんだろ。
posted by ぼへみあん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿政治家 その1 ー 公務?非公務? 橋下知事が「SMAP×SMAP」の収録に参加

−−−−− iza: イザ!(抜粋)
 大阪府の橋下徹知事は26日に上京し、関西テレビ系バラエティー番組「SMAP×SMAP」の収録に参加した。府の基準に準じて非公務で出演したため、橋下知事はテレビ局から出演料を受け取ることになる。橋下知事のテレビ出演をめぐって、24日に開かれた2月定例議会の総務常任委員会で民主府議が「公人ならばテレビ出演料を取るべきではない」と指摘し、橋下知事と激論になったばかり。テレビ出演の公務、非公務の判断基準について論議を呼びそうだ。
−−−−− http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/133029/

大阪場所での表彰式での満面の笑みを見ていて、「この人は、このために知事になったんだ」と思った。いわゆる「いちびり」のテカリ顔で表彰状を読んでたので。
でもって、今度は非公務でスマスマですか。要は、ライトアップされたところが、この人にとって「知事の本懐」なんだろう。
ついでに、小遣い稼ぎも出来れば、知事就任による収入源の歯止めにも成る。

彼に投票した皆さん。次の知事選では、もう、「TV出てる人」だからと言って、投票しないでください。お願いします。まだ、お気づきでは無いかも知れないけど、彼は改革なんてするつもりないんですから。目立てば良い、そんな看板なら首長に選ぶ必要は無い。一日府知事にしとけば良いじゃないですか。
お願いします。私たちも、もう少し、まともな銀行にしてもらいますから。。。
posted by ぼへみあん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

小休止 − <NY株>1万2500ドル台回復 1カ月ぶり

----- 毎日新聞 Yahoo!
 【ワシントン斉藤信宏】24日のニューヨーク株式市場は、米金融大手JPモルガン・チェースが米証券大手ベア・スターンズの買収額を引き上げると発表し
たことなどを受けて急伸、ダウ工業株30種平均は一時、前週末終値比260.75ドル高の1万2622.07ドルまで値を上げた。終値も同187.32ド
ル高の1万2548.64ドルと2月28日以来約1カ月ぶりに1万2500ドル台を回復した。



 ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も上昇し、終値は同68.64ポイント高の2326.75だった。



 JPモルガンがベア社の買収価格を1株2ドルから10ドルに引き上げたことや、2月の中古住宅販売件数が前月比2.9%増と7カ月ぶりに増加に転じたこ
とで、信用不安や住宅市場の低迷長期化への懸念が和らいだ。ただ、先行き不安が完全に払しょくされたわけではなく「4月に本格化する米大手金融機関の
1〜3月期決算発表までは不安定な値動きが続く」(米エコノミスト)との指摘もあった。
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000029-mai-brf

昨夜、NY証券やNASDAQの株価を見ていたら、あれよあれよと上向きに動いていた。ま、結果12,500ドルを上回ったことで、株価不安も小休止か。とは言え、まだまだ下がる材料は一杯有るのでGWまでは、気が抜けないだろうな。
東京は、まだ午前が閉じてないけど、一瞬高くなったと思ったら、利食いに走ってるのか、下がり基調のようだ。。。
NYは小春日和、東京はまだ真冬かなぁ。

政府の無策は北風にしかなりません。。。
早く、まともな内閣に代えて欲しい。。。
posted by ぼへみあん at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

判決の日まで忘れずに − 「駅でとっさに殺意…」8人殺傷の金川容疑者供述

−−−−− 読売新聞 Yahoo!

 茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅周辺で23日に起きた連続殺傷事件で、同市中村東、無職金川真大(かながわまさひろ)容疑者(24)(指名手配の別の殺人容疑で逮捕)が「駅に着いてから、7、8人を殺そうと思った」と供述していることが分かった。

 逮捕容疑となった三浦芳一さん(72)殺害事件の19日に、市内の小学校に向かったと供述していることも判明。県警は以前から、何らかの事件を計画していた可能性もあるとみて、慎重に捜査を進めている。



 土浦署捜査本部の調べによると、金川容疑者は、都内から常磐線の下り電車に乗って23日午前11時に荒川沖駅に到着。駅構内に設置された防犯カメラは、金川容疑者が改札口を出てくる様子をとらえていた。


 映像では、金川容疑者はスーツ、ネクタイを着用し、ニット帽をかぶり、リュックサックを背負っていた。


 金川容疑者は改札口を出たあと、いったん西口方面に向かった。その1、2分後、両手に持った文化包丁とサバイバルナイフを振り回しながら、東口に向けて駆け抜けていく様子などが映っていた。


 改札口を出る場面の金川容疑者は不審な様子はなく、刃物も持っていなかった。捜査本部はその後、リュックサックから文化包丁とサバイバルナイフを取り出したとみている。


 金川容疑者は調べに対し、通行人ら7〜8人の殺害を、「駅に着いてから、とっさに考えた」と供述。一方で、使用した文化包丁を約2か月前に購入していることから、事件を計画したうえ、実行の機会をうかがっていた疑いもあるとみている。



 金川容疑者は8人を殺傷した後、交番に向かった理由は「怖くなったから」と供述している。
----- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000060-yom-soci

この犯行を突発的と位置づける裁判官や弁護士、あるいは精神鑑定医が居たら忘れないように、記録に残しておく。アホな説明が世に通りませんように。
被害者のご冥福とともに祈る。
タグ:量刑相場
posted by ぼへみあん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ずいぶん、大人っぽくなっちゃって。。。



リトル・ミス・サンシャイン、最近見た映画では、かなり上位。と言っても、殆ど見るのは飛行機の中って私ですが。。。
ポッコリおなかが、無くなってますねぇ。大人っぽくなった。と何か親戚の叔父さん気分になってしまいます。今作は、如何でしょうか。。。
posted by ぼへみあん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝てば良いのか? − 優勝の朝青龍を評価=態度などに批判も−大相撲横審

−−−−− 時事 Yahoo!
 大相撲の横綱審議委員会(海老沢勝二委員長)は24日、東京・両国国技館で場所後の定例会合を開き、4場所ぶりの優勝を果たした朝青龍に話題が集まった。

 記者会見した海老沢委員長は「先場所、白鵬に負けて優勝を逸し、先輩としての悔しさがあっただろう。これをバネにした強い精神力、気迫は褒めてやらなければならない」と絶賛した。

 委員の中には異論もあり、別の委員は駄目押しや言葉遣いなど依然として横綱らしからぬ言動が目立つと指摘。「(サッカー問題の)謝罪記者会見もしたのに、反省の色が見られない」などと厳しく批判した。
−−−−−  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000121-jij-spo

内館横審委員の言う「スーパーアスリート」朝青龍の優勝。
さすが、アスリートって感じでした。

でも相撲はスポーツじゃない!って言い切ります。
相撲は神事>興行>スポーツなんです。
だから、「型」とか、「しきたり」が重要で、その中には祭事を行う品位が要求されます。
そして興行として人気が無ければダメです。だから巡業などの興行相撲では、派手な大技でお客様を喜ばせる事ができるのです。
そして、スポーツとしての要素が入ります。如何に神様に近づき、お客様を喜ばせるかが前提なのです。その上で強者と弱者、、、と言うより気高き存在として締め込みに横綱を巻けるのです。

強ければ、優勝すれば誉め讃えられると言うのはスポーツです。だから、一発勝負でも金メダリスト、世界チャンピオンです。しかし、相撲は神事だし、興行なので時間を優勝とは別に修行期間を経て横綱、大関と言う地位に就けるのです。

勝てば禊ぎが終わったかのように扱う事は間違いです。より謙虚に頭を垂れる事、それが、彼、朝青龍に求められている姿です。

以上、かつての相撲ファンより
posted by ぼへみあん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

李下に冠を正さず − チベット支持者を狙うサイバー攻撃が発生

----- IT media エンタープライズ Yahoo!

 チベットで起きているチベット人と中国政府の衝突が、インターネットにも飛び火している。


【拡大画像】


 フィンランドのセキュリティ企業F-Secureは3月21日、チベット支持者を標的とした攻撃が起きていると伝えた。


 攻撃は世界中のチベット支持団体を標的に、メーリングリストやフォーラム、個人あてに不正なファイルを添付した電子メールを送る形で行われている。1カ月の間に何度もこうしたメールを受け取ったという人もいる。
 

  攻撃メールはヘッダを偽造し、信頼できる組織や人物からのメッセージを装っている。添付ファイルはWord、Excel、PowerPoint、PDF文書などで、実際のチベット支持団体の声明文などを再利用して、マルウェアを組み込んでいる。


 例えばF-Secureが入手した攻撃メールは、発信元が国連のUNPO(諸国家諸民族連合)に似た「Unpresented Nations
and Peoples
Organization(UNPO)」という組織になっている。メールはチベット住民の団結宣言となっており、PDF文書が添付されている。このPDF
文書はAdobe
Acrobatの脆弱性を悪用した細工が施されており、開くとキーロガーが実行される。「何者かがチベット支持をうたう電子メールを利用して、チベット支
持団体のメンバーのコンピュータに感染して、その行動をスパイしようとしている」と同社は指摘している。
-----  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000028-zdn_ep-sci

動乱以後、徹底した情報統制を行う中華人民共和国政府(略称 中共)。「組織だった暴動、暴力」「破壊活動」と言い募っても、情報が統制されている中で、そして強大な軍事力を持つ中で、中共の一方的な「被害者としての扇動」は、説得力に欠ける。死者数についても中共の発表よりもNPOやチベット亡命政府の数字に、リアリティ 否 真実を見てしまう。もし、それが錯覚やデマに負けたものであっても、人として信じるべきところと思う。

そして、この報道。
恐らくやっているんでしょう。そう思います。
やってないって中共が、どんな説明をしても、やってると思います。
現代の、先進国における概ねの理解、共通観念は「怪しくなければ公開。公開できないことは怪しいこと」ってもんだろう。

もし中共が言うとおりならば、せめて外国人特派員をチベットに入れさせるべきだ(もちろんネパールとかは論外だけど)。CNNでも、FOXでも入っていくだろう。BBCでもね。
朝日も、、、論外か、それに入る度胸は無いよな。押しなべて日本の報道機関と呼ばれるところは、信用ならんし、度胸も無い。結果、日本代表は宮嶋氏が良かろう。
とにかく、外国人として、ニュートラルな目で報道することが中国にとっても(中共は知らん)良き事と思う。
統制に対する開示こそが、この問題を解決する最良の策だと考える。

その後押しぐらい、日本政府でも出来んのかなぁ。
posted by ぼへみあん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春です

DSC03765.JPG



春です。開花宣言の日の目黒川にて
posted by ぼへみあん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

しょ、処分軽っ − 被害届を自宅に放置、22件時効! 巡査長を懲戒処分 埼玉県警

−−−−− iza:イザ!
 10年以上前の捜査書類を自宅に放置したとして、埼玉県警監察官室は19日、総務部の女性巡査長(47)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分、当時の上司2人を所属長注意の内部処分とした。巡査長は同日、依願退職した。

 同室によると、巡査長は平成7年3月〜10年9月、東入間署の交番勤務中に扱った窃盗事件の被害届など、捜査書類22事件分81通を自宅段ボールに放置。22件すべてが時効になり、うち6件は犯人が判明したため時効送致した。

 11年の異動の際、段ボール箱に入れて持ち帰り、失念したという。

−−−−− http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/131605/

依願退職=退職金受領でしょ。。。
大卒で勤続25年、高卒なら29年。結構な金額になるでしょうな。
窃盗事件の被害金額合計は幾らなんでしょ。減俸10分の1よりは多いんでしょうなぁ。

なんで、こんな軽い処分で終わるのか。不思議だ。

posted by ぼへみあん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外交のダイナミズム − ペロシ米下院議長、ダライ・ラマ14世と会談



アメリカって上手いよなぁと思うのは、政府だけでは無く議会要人もダイナミックに動いて外交カードを上手に使っているところだわ。こう言う風に。でもって、人権と外交利益のバランスを上手く取ってしまう。
更に都合が悪くなりゃ力技って悪い癖があるのだが。。。

そして、中国外交が悪いところは、人が意にそぐわない行動をとると、不快感を表明しちゃうところ。それも簡単に。世の中、敵と味方しかいないように見える。
でもって、皆から嫌われる。

日本外交の悪いところ、強気に出ると引っ込む。。。と言うより、強気に出そうだと思うと、何もしない。で、何のプレゼンスも持てなくなる。
posted by ぼへみあん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、チベットに軍を大幅増強か



全く卑近な事柄に思いが突き当たる。
私の場合、好き嫌い以前に「話をしたくない人」と言う存在がいる。
過去にもいたし、これからも、きっと。

その人が「もっとこうすれば良いのに」と思える事、いや、「そのままでは、失敗する」と思う事に偶々気づいた時、私は基本的に相手にそれを指摘する。当然、その人のプライドを傷つけずに細心の注意をして。
そうすると幾つかのパターンが現れる。
一つは、その内容を吟味してくれる人。
二つ目は、頭から何も聞かない人。
三つ目は、聞いているのに、同じ事をする人。

二つ目のタイプが権力を持っていれば、それは、相当に性質のゆがみがあると思っている。端的に言えば権力への妄執と言うのだろうか。
助言や指摘自体が反権力だと思い、そして、周囲が止めるのもかまわずに地雷を踏むように失敗を重ね、その影響が、その人よりも、更に周りに広がる。その人は人望を失う。

何だか、中国の少なくとも、この10年の対外政策、特にアジア政策には、その匂いを感じてしまう。外に向けて高圧的に対応をし、それが叶うように軍事力の強化をはかる。内側に向けては、更に高圧的に力を使って対応をしている。

例えば、日本であれば、その高圧的な対応が、結果、世論の反発を招き、不信感を煽る。日本国民自身の不利益であろうと、食材の輸入が減る事態、言ってみれば静かな不買運動が起きる。それに反省を示さず、強気一辺倒に対応してくる。

チベットの場合についても、国際社会としてフランスやイギリスなどから政府レベルで批判的な内容のコメントを出しても馬耳東風。全く聞かない。更に批判に逆らうように、こういった行動を取る。

これは単に中国的な行動を取ったに過ぎない。そう思えば、この国の異常さが判る。
posted by ぼへみあん at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い国だと思う − 

−−−−− 時事 Yahoo!
 【ワシントン20日時事】1990年代後半、ビル・クリントン前米大統領が元ホワイトハウス実習生モニカ・ルインスキーさんと性的に接触していた際、
ファーストレディーだったヒラリー・クリントン上院議員は夫の異変に気付かず、浮気現場となったホワイトハウス内で公務にいそしんでいた日もあったこと
が、19日に国立公文書館の公開したヒラリー氏の日誌から分かった。

 日誌の記録によれば、前大統領がオーバル・オフィスでルインスキーさんと初めて性的に接触したとされる1995年11月15日、ヒラリー氏は不倫現場から遠くない部屋でノーベル賞受賞者・家族ら約30人と会うなど、ファーストレディーとしての公務をこなしていた。 
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000057-jij-int

結局、政治家の身の下話だし、大統領選挙のネガティブキャンペーンとも言えない、、、候補者の横顔紹介程度のニュースだと思う。
でも、アメリカって良いなと思う部分もある。勿論、別に政治家の倫理観が強いとか、そんな話では無く、ルインスキーと言う存在が明らかになった時点で、詳細に現職大統領が彼女と何をしたのかを記録して居る事だ。

政治家が、あるいは、その時代の権力が何をやったかを記録する事は後世の判断材料に意義のある事だと思う。ファーストレディの行動履歴も残す事で、立体的に一つの時間を見直す事が可能になる。

こう言った記録により一つ一つの政治判断が正しかったのか否かが後に客観的に判断できるだろうなと思う。

翻って、この国では重要な外交交渉すら記録に残していない。
驚くべき事だ。その陥穽については こちらに書かれています↓


政治、その中にある外交において記録の有無は、その活動の正当性だけでは無く、後のテキストとして非常に重要なはずだ。
それを記録しない、そして記録しない事を認める政府って言うのは、欠陥を抱えているとしか思えないわけだ。
posted by ぼへみあん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

国士の怒り − 

−−−−− スポーツ報知 Yahoo!
 歌手の森進一(60)が20日、東京・新宿のステーションスクエアで新曲「女の恋」(19日発売)の発表会を行った。


 気温8度、朝から雨が降り続く悪天候にもかかわらず、雨がっぱを着たマダムたちが集結。大歓声を受けながら、森は同曲を2回披露するなど計4曲を熱唱した。


 昨年は作詞家・川内康範氏(88)と代表曲「おふくろさん」をめぐって騒動になった森。今年1月にも川内氏あてに「誤解があると思うので、直接会って率直な思いを伝えたい」との内容の手紙を送ったが、受け取りを拒否されたと明かした。


 この日も川内氏へのメッセージを求められたが、「誤解があってもいけませんし、コメントできません」と神妙に話した。
−−−−− http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000203-sph-ent

大騒ぎしていた時から、川内さんの怒りって深く強くなってるんじゃないかと勝手に想像してしまう。
恐らく、「誤解」って言われている段階で怒っているんじゃないかとも思う。
そもそも、最初に川内さんが意見を出した時点での対応が悪かった。恐らく近親者と同様の甘えのような物が先に出てしまい、本来の敬いや謙虚さが足りなかったんじゃないかなと。それは、川内さんの誤解では無く、森進一の「非礼」を詫びるべきなんじゃないかと思う。

身近なところで考えても、時々、謝り方のおかしな人がいるのは確かで、相手の怒りの元、原因を毎度取り違える。この手の人の共通項は、自分の「非」に物凄く鈍感である一方でプライドが高いから、途中で気づいたとしても、謝る対象を替えられない。薄々判っていても、直せない。で、相手は、幾ら謝られても、本当に自覚して欲しいところが認識されていないから、怒りを納める事が出来ない。

特にこの場合、育ての親的な存在の川内さんが、森進一の本当に直すべき点の自覚を促しているのに、森が、そこに触れないから。。。怒りを納める事が本当に出来ないんじゃないかな。

少し、↓見て勉強しましょう!

posted by ぼへみあん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

送り出す側も大人のマナーで ー 内部告発防ぐためにも!? 最後は「花束と握手」を

------ ネタリか 夕刊フジ(抜粋)
 厚生労働省のまとめによると、近年、大卒新入社員は入社3年以内に35%ほどが辞めてしまう。上の年代でもこの流れは同様。もはや「転職」に抵抗を感じ
る人の方が少数派なのだろう。だが、その辞め方、辞める社員への対処法にもテクニックは必要だ。人材をめぐるサバイバル術最終回は「退職」編だ。
−−−−− http://netallica.yahoo.co.jp/news/28541

弊社、退職者続きなのですが、その多くが遺恨を残す形、会社側(マネージメント側)の招いたトラブルで去って行かれています。
中にはコンペ企業へ、あるいはパートナー企業、中にはお客様へ移る事もあり、弊社にとっては見えにくいダメージになっているのです。
IT業界、特に外資ですから、人材は流動性をもっていて当然なところもあるのですが、ここまでトラブルと言うか転職をしたくて去るのではなく、本来は残りたいと思っていても環境の悪さに去るしか無い状況になってしまう事は少し珍しいと思いますね。

さてさて、そう言う環境にいると記事の内容は、甘いながら、かなり正しくあると思います。最後のケア一つで、かなりイメージは変わります。去った人が「もう思い出したくも無い」と思っていたら、本当に、去られたダメージよりも実は去った後で被るダメージの方が大きいのです。
Subjectのように内部告発と言うこともありますが、それ以前の損が起こります。

例えば、でシミュレートしましょう。
AさんはソフトベンダーXにクビを切られました。Aさん自身は非常に真面目に営業として勤めていたのですが、会社との不当なトラブルの末、解雇されました。恨み骨髄です。
Aさん、苦労の後、再就職を成し遂げ、営業として再スタートです。新しいお客様を担当し、お客様へのご挨拶し、営業活動が上手く行って、Aさんは、そのお客様に製品を販売しただけでは無く、お客様からの信頼を勝ち得た様子です。
契約が終わった後、お客様が「あれ?Xに居たんだよね。で、あそこのソフトか、似たようなのを探してるんだけど、どう思う?」
Aさんは、辞める時の取り決めでX社を誹謗する事、あるいは業務上見知った事を開示する事が出来ません。
「あはは。どうなんでしょう」Aさんは、そう答えました。誹謗をするどころか、何の情報も開示しませんでした。

あなたが、お客さまの立場なら、Xについてどう印象を持つでしょう。

それが、毎日繰り返されているのが弊社です。

そんな状況にならないためにも、記事の内容を見てみては如何ですか?
posted by ぼへみあん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国のカラオケ。。。カラオケバーで死亡判明し、功労賞はく奪 中国地方幹部

----- CNN.co.jp


北京――中国の国営・新華社通信は13日、今年2月に功労賞を受賞した河南省の家族計画委員会の幹部が当初の説明とは異なり、カラオケバーで飲酒するなどの宴で死亡していたことが判明し、同賞がはく奪されたと報じた。

 


死因は当初、脳内出血とされていた。同賞は通常、職務での名誉死亡などに授けられるという。

 


インターネットで同幹部の本当の最期の模様の情報が流され、真相が判明した。幹部の年齢は不明。

 


中国では中央、地方官僚の腐敗などが問題になっている。

-----  http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200803140019.html

一見、力を入れて歌いすぎたかと。。。思うが、
なんで、カラオケで死んだら、罰をうけなきゃいけないんだ!と思うが、

中国だもの。カラオケといえば


「風俗」ぢゃん!
http://www.kenji.ne.jp/2005/050122.html(Webコンサルタントの森羅情報サービス)
でも紹介されていますが。。。
先週の週刊新潮『【現地ルポ】日本人が続々と「身柄拘束」されている 五輪前夜「北京歓楽街の過激サービス」』にも出ていたが、北京ではカナリの過激なサービスらしいので。。。

と言うことは、日本でなら、歌舞伎町の風俗店でお亡くなりになったと言う状況。。下手すりゃ、もっと凄いのかもなぁ。

腹上死と言う言葉が浮かぶ。。。ボソリ
posted by ぼへみあん at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コネタ。。ニュース一覧を見て愚痴る 

<痴漢でっち上げ>逮捕の甲南大生、退学処分へ(毎日 Yahoo!)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080318-00000048-mai-soci
   ↑ 放校ってのは無いんだろうか。この大学には。しかも対応が遅せぇ


自民・伊吹幹事長「大局的判断してほしかった」 日銀総裁・再不同意(産経新聞 Yahoo!)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000922-san-pol
 ↑ お互い様の事を、あげつらう神経が信じられん。根回しも芸のうちだと思うが

<高橋ジョージ>リーゼント代は「2円」 環境に優しい髪形?(毎日新聞 Yahoo!)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000011-maiall-ent
 ↑ どうでも良いが、、、リーゼントにしなきゃ、全く電気代も食わないわけだし、
 ポマードも使わずに済む筈だ。 2 ÷ 0 = 無限大、、、に無駄してるとは思わないわけだ。

グレート・オオタニがサスケを救出=3.23ZERO1-MAX(Sports Navi Yahoo!)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000011-spnavi-fight
両方 ”元”政治家。。。 でも、ホントに、どうでも良いや。
posted by ぼへみあん at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。