2008年05月19日

借金について

 伝統芸能が好きで、テレビなどで落語があると昔は結構、聞いていた。でも、寄席には行った事が無く、名まで見たことも近所の大学で行われた故 文治さんの出演した機会だけだ。
 その文治さんの話、ネタは何をやったか忘れてしまったが、かなりの時間を江戸言葉に割いていた記憶がある。一例をあげると「江戸っ子は、元来、『ありがとうございました』なんざ言わずに、『ありがとうございます』って言い方をしたもんだ。」って言うのがあったな。世話になった気持ちは、ずぅーっと持っておくもので、一事の気持ちみたいに過去形にするなんつーのは、不義理だって意味だと思った。

 その中に、「首が回らない」ってのがあった。元来、道をあるいてると左右の店に挨拶をしながら歩くもんだが、借金していると、出来るだけ見つからないように首をまっすぐ前にだけ向けてあるくようになるからだとか説明していたと思う。借金を借りるのは良いが、一旦借りてしまうまで負い目を、こんな所にも映し出すものなのかと思った。

 最近でも、グレー金利の撤廃など、消費者、特に債権を持っている人には有利な時代になったのかも知れない。ただ、それでも悪徳と言われる金融の種は尽きずに残る。時が経てば、また、それが反映してくるんだろうな。

 これが悪徳金融と言えるかは別だが、知人で最近、会社を辞めた人間がいた。表向きの退職理由がハッキリとしなかったのだが、色々と周囲から聞こえてきたのは、個人的に抱えた借金の返済のために退職一時金が必要だったのでは無いかと言う声だった。(それが単なる噂ならいいのだが。)
 そして、既に数ヶ月経つのだが、未だに再就職をしていないらしい。聞こえてくる範囲では大した額ではない。恐らく、知人の月額給与の半分あるかどうかじゃないだろうか。それが原因で退職し、そして、その後の給与を棒に振っている。。。
 やはり、これも首が回らない一つのサンプルなのかと思う。

 長々と書いてしまったが、返済計画も厳しくなった借金を一人で抱え込んでいても良いアイデアは出てこないと思う。この知人のように最終的には、無謀とも言える選択をする例も多いのでは無いか。と言うより、借金苦での自殺と言う言葉があると言う事は、もっと辛く、もっと無茶な決意をしてしまう人が現実にいるということだろう。

 できれば、自分で、あるいは知人にそんな人が居たら紹介してほしいサイトがある。「借金解決ドットコム」と言うサイトだ。借金をしてしまった人が問題を抱え込んだときに、専門用語、法律用語の壁で立ち上がれなくなった時や、法的な解決策を模索したいとき、また、その手続きについて知りたいときに、細やかな解説を掲載しているサイトだ。
 借金は、ある意味、宿題みたいなもので、逃げていても絶対に解決しない。周囲に、そんな人がいたら、問題と正面から取り組む気持ちを持って持ってもらう必要があると思っている。(知人の場合は、遅きに失してしまった。。。)そのための知識や情報が掲載されているサイトが存在していることを知ってほしい。借金の返済で悩む時間を少しでも前向きに使って、人生を棒に振る人が少しでも減ってほしいと思っている。
 特に、友人や、親族に借金を持っている人がいるならば、是非、一度、中身を見てみて本人に奨めてほしい。お願いします。
 
 <<借金解決ドットコム>>
posted by ぼへみあん at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

舞昆物語

 舞昆って、ナンだろと思ってWebのCMを見ていた。当然、CMだから予想したのは、「どんな特徴があって、幾らで売ってて」をメインに少し、ストーリー性のある動画を予想していた。
 この予想は、まるで外れ。。。

 舞昆と言う黒まいたけと一緒に醗酵させた塩昆布に対する売り手の思いいれを示すような、顧客とのやりとりがメインの「動画」だった。ストーリー自体は、見てもらったほうが良いので書かないけど、内容を見ていれば、「あ、この商品って売る側の思いのこもった品なんだな」と言う事がよく判る。

 でも、それだけじゃ売れないというか、買わないよ。と思ったら、実際、単なる塩昆布では無く、ご飯に佃煮的に乗せて食べることで、単に美味しいだけでは無く、健康のためにも役に立つような作りと成分になっていることがよーーーーーーーく判る!

 お中元 贈り物にするような品だと思うが、自分でも食ってみたい。。。と言うか、食ってみなきゃ旨いかどうかが判らない。と言う事で、送料無料でおまけつきで、初回限定購入ができるそうだ。

 サイト(http://maikon.jp/)を見てみると、そのほかにも身体に気を使った品々が。。あわせて参照ください。
 それでは、CM(↓ ↓ ↓) をどうぞ。
 
posted by ぼへみあん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

耳から脳トレ

 プロツールレースで最も優れたスプリンターと言われているマキュアンと言う選手がいる。普通、スプリンターは同じチームの選手のアシストを受けて初めてゴールラインをトップで通過することができるのだが、彼は一風違うレースをする。
 ゴールの少し前までは、まるでカメラに映ることも無く、本当にゴール直前、するすると隙間を抜け、他チームを風除けに使ってゴールラインにやってくる。その様子はまるで忍者だ。また、時には頭を使って(ヘッドバットで!)他の選手を押しのけるほどの闘争心を見せ付ける一方で、家族想いで更にビジネスでも成功しえるほどの知能を兼ね備えると聞いたことがある。
 そんな彼がインタビューで「どこを走れば一番早く走れるかが判る」と言った記憶がある。まるで昔の川上哲治だ!

 最近、地頭と言う言葉が佐藤優氏を発信源によく使われるようになったが、マキュアンもまた地頭の良い人なのだと思う。しかし、その頭も鍛えなきゃ能力は発揮できないと思っている。かく言う私にしても決して頭の良い人では無いが、それでも時に人の考えているイメージを共有し、思わぬ言葉でその内容を共有することがあったりする。それが商談やトラブルのときに出たときが私にとっての成功の大きな足がかりになる。ただ、それがいつもいつも出来るわけじゃなく、コンディションが非常に重要な気がしている。

 今回、速聴と言うあまり馴染みのないものを見つけた。集中して高速の音声を聞くことで脳を活性する効果があるそうだ。私はマキュアンや川上哲治の様子が実は脳の活性状況と言うか、所謂、頭の回転に依存していると思っているので、この考えがよくある眉唾とは少しレベルが違うと思う。
 だって、交通事故の時って、ものが凄く遅く見えたりするけど、あれって脳が必死に命を守るためにフル回転してるからだよねぇ。

 http://www.sokucho.com/で紹介されている「速聴」の歴史を見ていて、何で速読がかなり一般化したのに、速聴がそれほど知られていないかといえば、「高速の音声」と言う物を中々、配布する技術や聴かせる技術がなかったからなんじゃないかと思う。(実は60年代には速聴機がアメリカで開発されていたが、大きすぎたらしい。。。)

 このサイトでは、速聴がどのような効果をもたらすのか、また、書いたように、どんな歴史があるのかがレポートされているのよ。結構、ちゃんと整理されているので見やすいし。


 地頭なんて生まれつきと思わず、少し自分に投資する意味でもサイトを見てほしいと思います。



 

 
posted by ぼへみあん at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

STDにご用心

 STD、性病に最近縁のない生活をしております。かなり、公明正大(笑)。
 ただ、全く無縁かと言えば、例えば風呂の共有で伝染するものもあったり、性行為以外での感染の可能性がゼロかといえば、ケジラミだとタオルの共有でうつることもあるし、肝炎だと食物からの感染も考えられる。。。そんな恐ろしさがある。

 と言う情報が手軽に入手できるのは、良い事だと思う。性感染症が蔓延する大きな理由を私は「無知」だと信じている。婚外妊娠と同様に防ぐことが出来るはずなのに、その少しの理性が利かない事で蔓延と言う結果に結びつく。

 最近は、エイズのニュースも殆ど聞かなくなったけれども、決して流行が治まったわけでも無いし、ウィルスを根治するような治療法があるわけでもない。テレビでもお笑い芸人が平気で「僕、ヘルペスうつされました」なんて気軽に言っているが、これもキャリアとして生きることになる。(しかも、恐ろしいのは、この芸人が遊び人だし、たしかレイプの疑惑もあったりすることだ。。。)

 どんな予防手段があって、どんな治療法があるかを知っておくことは、「無知の解消」に大きな役割を果たすと思うのだが、そのためのサイトがSTD研究所だ。ここに行けば、どんな病名からだけでは無く、症状からも検索が出来るので、もし感染していても早期の発見が出来る!これは、最初に書いた単なる恐ろしさを分析し、自分が本当にリスクの高いことをやったのかどうかを確認する手立てになる。そこで実はローリスクなこと、あるいは全くのノーリスクなのかを確認できると言うことだ。これは、このサイトを訪問してみて、自分の中で思っていたある種の「恐怖心」を払拭する良い機会となった。

 また、検査キットの販売も行っているので、リスクの高い行為をした後で、感染の有無を保健所や病院に行かなくても行う事ができる。サイトに行って思うのは、感染から発症までの期間や自覚症状が出るまでの期間が長い病気の多いことだ。
 医者に行くのが恥ずかしくて、結果何も出来ないことが、本人にとって、そしてパートナーにとって最悪なことだが、セルフチェックが出来ることで早めに発見して、早めの治療ができる!また、クヨクヨと悩んでいるのでは無く、全く潔白と言えるのかも知れない。いずれにしても、プラスの作用だと思う。

 サイト自体は、非常にすっきりしていて使いやすいと思う。それに「STD感染危険度チェック」なんてのもあって、「自分は絶対大丈夫」と思っていても、そのライフスタイルが客観的に安全なのかどうかも判るように出来ている。

 特に若い人たち!少し、自分の気持ちだけじゃなく、相手の身体と気持ち、そして将来を大事にしませんか?

因みに、STDの知識に対するチェックが出来るパーツを付けてますので、年齢に関係なく(笑)、勉強しましょう!







posted by ぼへみあん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ファミリーウェアって何だ!

 核家族化、お父さんの単身赴任とかで家族のコミュニケーションが希薄化していると、よく聞く。我が家は2人しか居ないので、否が応でも話をしなきゃならないし、出張と言っても、そんなに長期に亘ることが無かったので、余り実体験としてはないんだけど。
 ただ、この家族の思い出を記録・共有しよう!ファミリーウェア asanoha(あさのは)のコンセプトには結構、凄いと思わされる。
 
 仕事柄、グループウェア等々、情報共有ツールってのには、人一倍、接して来た自負がある。情報共有として、ファイルだとか、気づいた事の記載とか、スケジュール管理とかってのが当たり前と言えば当たり前についているのだが、この応用が「ファミリー」にできるもんだとは思わなんだよ。皆で日記の書き込みをしてみたり、自分の予定を皆に教えて「何時頃、一緒に夕飯だ!」とかってのが、親父が会社から報せる事もできるわけだ。そんな、「書く事から始めるコミュニケーション」って言うコンセプトは、ホント凄い。
 
 私なんかのように、そろそろ歳の気になる両親から独立していたら、そんな両親とも情報と言うより状況の共有にこのasanohaは使えそうだ。コドモが居たら、「たまには孫の顔」って台詞が言えないくらいに、写真をアップしてるかもな。
 
 そろそろ、母の日、父の日、、、そんな機会に始める「書く事から始めるコミュニケーション」ってのも良いかもね




家族の思い出を記録・共有しよう!ファミリーウェア asanoha(あさのは)
posted by ぼへみあん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス開発は人脈開発!

 社会人、長い事やってますがねぇ。やっぱり色んな人と逢って、そして成長する事って真面目に多いのよねぇ。特にあたしみたいな、お客さんと接する機会が多い商売やってるとですね、あるお客さんに聞いた問題が、別のお客さんでは時には問題を未然に防ぐヒントになってたり、問題可決策になってたりするんですわ。
 じゃ、商売に関係無い人と繋がらなくて良いの?と聞かれると、じゃ、商売に関係あるって言う「括り」をみつけてごらんなさいなと応えてしまう訳ですな。そう言う意味で、昔だと異業種交流会とか名刺交換会なんてのがあったりとかですね、その拡大判で商工会とかもあったりするわけですな。

 ITの世界にいるとですね、時々、そんな事よりスキルが一番に思える事があるんですな。私もそうでした。でも、自分の頭に詰め込めるものなんて、たかが知れてるんですわ。ひとによって多い事も、少ない事もあるんですが、それでもね、やっぱりたかが知れてるんですな。
 ある問題を解決する時に、その問題を経験した人がやることと、学校で習った人がやることが必ずしも一致しないですよね。やっぱり経験値ってのは大きなポイントで、野中郁二郎先生の言う知識創造なんてのも「経験」の共有を重要視してますな。
 
 そうすると、広いつながりの中で問題意識が共有出来る人を見つけたりするのに、実はITが凄く便利なんですは。よくKnow Whoなんて言いますけどね、知ってる人から直接伝授を受けて、それを応用して行く事で、本人だけでは無くて、教えた側も成長する仕組みにITが使える。その一つの仕組みが[SNS]ですよね。
 ところが、普通のSNSだと、目的が曖昧で兎に角、人が多けりゃ良いやってな事で、どうしても娯楽に流れると思う。。と言うか、そうですわな。

 で、今回のご紹介ネタは、ビジネス人脈作りSNS「BPジャンクション」です。フランチャイズ・代理店情報や起業家のための各種情報満載「PRパーク」
とかを運営しているエムライズが母体になっているので、基本集める対象と言うか、「場」はビジネスにある。つまりは名刺交換会がそのまま、サイトになったようなものだそうです。
 実際、あるSNSはヘッドハンターの巣窟状態でもあり、また、それだけ人材が露出する場面になってます。ただ、それは「英語」が母国語。日本語で人間のつながりを大事にしたビジネス開発の場ができるなら、それはとても便利で有益だと思いますよ。そう言う場なら、私も参加したいな。


ビジネス人脈作りSNS「BPジャンクション」


posted by ぼへみあん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2カ国語同時学習!!

 自分で言うのも何だが、とりあえず英語だけなら不自由はせずに過ごせる。ところが勤め先は外資系、あちこちの国籍の奴らとのコミュニケーションが必要なのだ。以前、インドネシア語を少し勉強した事があるのだが、結果として、英語にチャンポン状態で、文法的な理解は出来ずに、完全なブロークン・インドネシア語になってしまった。
 ところが、英語とドイツ語を同時に学習するメソッドがあるそうだ。トライリンガルシリーズ/ドイツ語・英語・日本語。。。と言うので、サンプル教材を早速聞いてみた。。。

 短いセンテンスで、ドイツ語、英語、日本語の順番でサンプル文書が読み上げられる。兎に角、耳で覚える方法の様だ。自分の英語が音楽で覚えた英語なだけになじみ易い。本で覚えるより、間違いなく実践的だと言える。
 しかも、この方法が良いのは、私のように英語を知っていても使えそうだと思えるところ。何故なら、英語と結構違うドイツ語の文法が自然に入って来そうなのだ。耳で覚えて良いところは文法的な間違いを「座り」で認識出来るところだと思っている。それが、英語の延長線上で認識出来るんだったら、かなり手早い。
 しかもしかも、これだと、変にブロークン・ドイツ語になんて事になる心配も無いんじゃないかな?

posted by ぼへみあん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

クワバタ、頑張れ!

 コアリズム、知ってますよね。うちの連れ合いも杉本彩のCMを見て購入してました。。。さて、このたび、クワバタさんも挑戦されている様子。その様子が、クワバタくびれ大作戦ページで紹介されてるだが、、、これ、エンタメとしても結構素敵なできのページになってます。
 ところが、ところが、本日(5月7日)に見たところが、既に13センチのマイナス。こ、これって凄いよ。マジで。結構、ダイエットとかシェイプアップには私詳しいんです。数年前にも16Kgばかり落とした事有るし。今はマッスル武装に勤しんでいたりもするんです。その目線でみるとかなり脅威の数字。「くびれの無いオンナに夏は来ない」と言う相方の言葉にインスパイアされたらしいけど、それにしても凄い。
 しかも。。。。彼女のクネクネ度合いも脅威。。だったりする。
中身はサイトで確認くださいな。うちの連れ合いでもそうですが、クネクネで腰を振って、夏の来る素敵な女性になれかもです。 
 目指せ、杉本彩 から 
    目指せクワバタ! 頑張れ!
posted by ぼへみあん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブタCARの訪問

 ブタCAR、恐らく本隊とは別の2台を渋谷で見かけた。中々、カワイイ。。。雑踏の中で、いつもの風景になった大型バスやトラックを改造したデモンストレーションの中で、小さい車がテコテコとチーズカツバーガーを宣伝してる姿は、中々奥ゆかしくもある。
 そんな宣伝隊が列島を縦横無尽に走っているそうだ。
東京は出発風景だけがブログに載っているけど、もう来ないのかな?あの派手な塗装は、結構、下町の風景にあいそうなんだけど。。。日本の伝統的な風景の中で、走っているすがたを見てみたいものだ。
 ちなみに、某店ではとんかつ茶漬けもあるのだが、食べくらべして頂きたいものだ。。。

posted by ぼへみあん at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

リャマのコラボだ!

 オリジナルTシャツのオンライン販売サイト「ClubT」でカビバラさんとコラボのTシャツが売られている。リーゼントくんや、なまけものくん、主役のカビバラさんとかの柄などがある。どれも、のんびりとした柄だし、構図も中々良い感じ。まるで山藤章二の似顔絵塾状態(笑)。
 私が気になるのは、「リャマさん」、それも何故かハジッこにレイアウトされている奴。なんかね、凄く「らしい」。これが一番はまったと言う感じかな。
でも、他のキャラでもかなり楽しい「らしさ」があったりする。
どですか?おもろいっしょ。297478_B.jpg
297478.jpg 
posted by ぼへみあん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと。。。ねぇ − たびこま屋

 東京の郊外で産まれ育って、変化の激しかった土地柄だけに、子供の頃に遊んだ場所、そう山やら野原やら田んぼなんて、もう全く無くなってしまった。山は削られてしまったし、田んぼや原っぱは宅地になったしね。それは、それで仕方ないと思うんだわ。

 大人になって、出張も含めた旅行、特にプライベートのは殆ど東南アジアにしか行ってない。それって、なんだか、原体験に近い物を感じてるからかなと思うんだよね。ナイトマーケットは子供の頃の祭りの雰囲気だし、暑さにしても、今の東京の温熱地獄と違って、なんか人間的な暑さだったりすると思う。
 道ばたにはドブがあったり、そう言うのもね、なんか昔、俺にとってのふるさとって感じがするのよね。それがふるさとって感じなのかも。そんなところで土産に買うのは土地の特産品に限るってのが俺のお約束だったりする。バリなら塩、ボルネオでは何買ったっけな。。。また行きたいな。
posted by ぼへみあん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶたCARが行く

 今度のマックは「チーズカツバーガー」です。そのキャンペーンイベントが「ぶたCAR」で行われている。
http://cheesecutlet.jp/blog/(”ブ〜”ログ)
↑のブログで、その道中記がアップされているんだけど、ブー長に命ぜられた、カツ朗、トン吉、チー太の3人が「ぶたCAR」で最後な那覇を目指すそうだ。
 まず、車がね、可愛いんだわ。名前の通り、ぶたを模した塗装だけじゃなくて、耳、おまけに「風見豚」までついてる。この風見豚の鼻のむくままキャンペーンのコースが決まるなんて、結構素敵な趣向だ。

 ファストフードって言うと、なんか、いつも計算されつくしたマーケティング活動、コスト計算、提供までの手順が精密機械のように決まってるイメージがしてるんだが、この「きままなコース設定」と言うのが、少し外してる感じがする。それに、チーズカツバーガーが那覇にゴールしてからの発売予定になってるんだが、この那覇ゴールも「5月8日予定」なんだな。なんか、マックにしては、すこしゆるめにしてるのが楽しい。

 きっと、このチーズカツバーガーだって、少し予想を外して旨いんだろうなと期待させる”ブ〜”ログなのでした。
posted by ぼへみあん at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

死角を資格で潰す!

 このサイトで何度か書いているが、勤務先で嫌がらせを受け続けている。組織ぐるみでのイジメなだけに始末に悪い。とっと辞めれば良いじゃないかと、ありがたいご指摘も頂く(もち、嫌味だが)。また、苛められているのが一人なら、その決断も早々に出来たろうが、苛める側の「意図」が簡単に判るほどに、攻撃対象が多岐に亘っている。
 
 そんな中で、自分自身が感じたのは、弁護士や社労士の強さだ。例えば、こんな事があった、会社に残って頑張ろうとしていたAさんが、ついに辞めることを決断したとき、会社は、彼の辞表を受理しなかった。民法上2週間前までに辞意が表明されていれば受理せざるを得ないはずだが、社則の規定には反すると言う理由だ。Aさん自身、既に次の仕事を決めていたことも有り、結果として直前に弁護士に依頼して辞意表明の確認を行い、事なきを得ることが出来た。これが、彼単独だったら、どうなったろう。
 専門家の強さを見た気がした。

 このような中で、自分の身を守るためにも資格の取得をしようと思っている。自分が単に会社員として生きているだけは身が守れない。それに、今以上にお客様や同僚の役に立つために、目標にしている資格があれば、と感じている。
 自分のスペシャリティをアピールするために、手遅れと言う事は無いだろう。
また、この記事を読んでくれている若い人に言いたいことがある。
 自分を守れるのは自分。会社でも国でも無く、どうしたら自分を守れるかを考えてみよう。たぶん、そのためには、自分の周りを大切にしつつ、自分の力を高めることに気づけると思う。今まで、私たちの世代では資格よりも社内での地位向上が最大の防衛手段だった。しかし、これからは会社の殻は無くなる。だからと言って会社が無用なんて思わないで欲しい。会社に貢献し、地位を上げること、そして、その時に役立つスキルをつけることで、いざ、その会社が無くなったり、あるいは地位を失ったときにも焦らずに対処することができるのだから。

http://www.careerup-navi.jp/

一度、見て欲しい。

="http://buzzmo.jp/item_pv/item_pv_log.php?item_code=99496d08fcd67c11adbc37eb802130c8&user_code=8cc0426d5de1d291eda1de4052cb24bf">
posted by ぼへみあん at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ラップ、ラップ、ラップ

黒酢with仲間マックラップ黒酢チキン、食べてみました。結構、黒酢って新鮮なんだなぁとおもったですよ。「ファストフードに黒酢って」なんて先入観が有ったんだけど、一口で吹っ飛んだ!ですよ。酸味がサクサクのチキンに旨く絡まってる。ラップが包んで、かなり「スナック」的に小腹が空いた時に良さそうだ。う〜ん、5月14日までの限定なのが残念だが。。。
 そしたら、またレギュラーのエビとシーザーに戻るか。http://www.mcdonalds.co.jp/mcwrap/
黒酢の寝姿 
posted by ぼへみあん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

健康作りと、医学情報館

 今、一番気になっているのは、「自殺」だ。それも硫化水素を使った物だ。超高級ホテルやマンションなどで死んで行く奴らの気が知れない。そう思っている。そして、それを助長するかのようなサイトがある事も、癪に触るし、おそろしい。
 
 QLife Squareでの「楽に死ねる方法など無い!硫化水素自殺の闇」を、もし生きる事に迷っていたら一読して欲しい。そして、そんな気の無い人でも読むべきだと思う。余りに簡単に、自分の命だけを祖末にするつもりが、実に多くのリスクを他の人にも与えていると言う事実が熱く書かれている。硫化水素が空気より重い事などを含めて、そして「ガス発生中」の張り紙を見た時の謝りがちな行動には、自殺志願者でなくとも読むべき要素が満載なのだ。

 また、私自身だっていつ、自殺者側に行くかの保証は無い、だが硫化水素は使わないだろう。何故なら、ここで書かれていたことを思い出すからだ。絶対に一度、読んで欲しい。本当に。

 そして、このサイト自体は「知的健康生活マガジン」だ。だから、健康に生きる為の情報だって満載だ。メタボが気になる。お尻が気になる人にも読んで欲しいな。
posted by ぼへみあん at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然食品コーナー!

 毒餃子をはじめ、食の安全はここでも何度も取り上げて来た。輸入食品だからダメなのでは無いとは言わないが、できるだけ、どこで作られて栽培が有機なのか、それとも化学肥料漬けなのかぐらいの区別がついた方が良い。それが、余りに信用出来ないからチャイナフリーを叫ぶのだが。

 自然食品だってなんだって安全って言う訳では無く、自然に作ったからと言って、その周辺が汚染されていたり、口先だけの自然食品だとかって疑いは、どこまでも広がって行く世の中だ。
 そんな中で、安心安全なトマトジュースが売られている。
 http://www.star-real.net/SHOP/b-01.html
北海道下川産限定、更に糖度8%以上の完熟のみ使用。朝摘みで工場に直行で瓶詰めになるので鮮度にも問題無し。 すげぇ。

 ここで紹介されている商品の多くが合成添加物無しで販売されている。それだけ責任感と美味しさと、そして鮮度が詰め込まれている商品群だ。食べてよし、着けてよし。一度訪問して試される事、おすすめ!
posted by ぼへみあん at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

最強!?ネット通販

 イトーヨーカドーのネット通販はもしかしたら、最強かもしれない。何故なら、IYグループの力を使ってるからね。
1) 女神の市場と連動!:日本テレビで放送しているこの番組で紹介された商品が、このネット通販で買えちゃうと言う、ある種のオンデマンド販売。因に今日、4月24日は「ごくせん熊井ラーメン」なんて如何でしょうか?

2) 母の日ギフト!:面と向かって渡し辛かったり、遠くに住んでるとか、そんな状態でついつい渡せずに終わっちゃう母の日。予算とか、送り届けが出来なかったり、送るにしても結構面倒。予算別に花を中心にギフトメニュー化されてるのは嬉しいよな。特にカーネーションの生花だと、ギフト系は地域差とかで思ったよりもショボイものが届いたりして、結構大変。あらかじめのイメージが決まってると贈るのに不安無し!

3)セブンプレミアム!:「食の安全」第一の今、顧客の要望をメーカーと一緒に実現したセブンイレブンのオリジナル商品群だ。水なら美味しくて手頃、だって毎日のものだから。ご飯なら独り飯に便利なレンジでチンの無菌パックなど、使う人/食べる人の身になった商品を開発しようとしているのが、良くわかる。

4)キューピー!:最近、色んな着ぐるみを来たキューピー人形を見かけるが、イトーヨーカドーでは「キュージョン」として手塚作品をはじめとしたアニメキャラにキューピーちゃんが扮している。めちゃかわいい。。。ちなみに私は「三つ目が通る」が良いな。。理由は、オリジナルの三つ目と区別が付き辛いから。。

5) Wii Fit
!:値段だって強い!なんとWii Fitが3%オフ。

買う側の立場で常に進化している最強通販だと思う!
posted by ぼへみあん at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまでも続く道

 ひたすらに続く道、広い国カナダ レンタカーで移動したら気持ちいいだろうなぁ。。。めちゃ広いし、これからの季節、グリーンだよぉ、良いんだよぉ。
 カナダ その代表的な風景は「カナディアンロッキー」じゃないのかな。一番、見てみたい。シアトルまでしか言った事の無い私には、その一足先にあるカナディアンロッキーの緑なす山々は憧れなのだぁ。

 カナダ フライ&ドライブキャンペーンでそんなカナダでのドライブコースを紹介している。その中で紹介されている「バンクーバーからロッキー周遊」6日間のモデルを見てみると、氷河、滝の自然、天然の光景からワイナリーまで雄大な自然とそこに育まれたカナダ文化を味わえる旅ができそうだ。心が疲れた時、何かに束縛されるでも無く癒される旅が、そこにあるんじゃないだろうか?
 雪道の運転は苦手なので、これからの季節が最高だな。しかもエアカナダで行くと、AVISレンタカーが最大15%オフ。。。Webから予約も出来るし、旅程に悩んだら、経験豊かなスタッフが相談に乗ってくれる。英語が辛ければ、アメリカ、カナダ地区であれば日本語対応も可能。。って凄く無いか。。。カナダ レンタカーの旅
タグ:レンタカー
posted by ぼへみあん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

東洋経済のブログパーツ

東洋経済オンライン



 東洋経済オンラインでブログパーツを提供している。基本、ビジネスに役に立つ情報群で構成されており、例えば、相場の状況を天気予報的に知らせてくれたり、四季報を速報ベースで表示してくれるトレーディング向きのものから、ビジネス英会話やビジネス略語など、フレッシュマン諸氏にもおすすめのコンテンツもある。今後さらにパーツの種類も増えるそうだし、4月末までだが、貼付けた人に抽選で10万円が当たるキャンペーンも実施中だ!
 試しにおいらも「相場格言」を貼ってみた。如何か!?
posted by ぼへみあん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

介護の道

 「後期高齢者医療制度」、言葉も嫌だけど、制度としても欠陥だらけ。余りにも安直だ。税金の使途の無駄を無くし、より篤い福祉が出来なくちゃ困る。だが、それでも財源が不足しているのも真実だろう。
 では、その財源が使われるサービスの質はどうなんだろう。医師の不足も重大な問題だが、老人医療を中心に介護サービスの質は、とても重要だと思う。古い話だが、祖父が入院した際も、祖母には介護しきれずに家政婦さんに手伝ってもらった事があった。当時に比べ、専門性を強められた事は介護を受ける立場にとっては、とても喜ばしい事だと思う一方で、老人と呼ばれる高齢者人口が増加することは、介護の専門家も増え、その質を高めなければならないと言う事だろう。そのためには、専門家を単に育成するだけでは無く、高い志のある人材を育てる教育機関が増えて欲しい。

 また、そのサービスが適性に行われる為に、間接部門の重要性も高まっている。事務方の専門家が、会計、請求を適正に行う事で、保険料が正しく使われることになるのだから。その事務方の専門家として「医療事務」資格があるが、これを取得する為の講座を比較検討できるのが
http://www.careshikakunavi.com/iryoujimu/index.htm だ。
 ここでなら、自分の通える範囲で、どのような講座やスクールが存在しているのか、価格はいくらなのか、通学?それとも通信教育なの?と言った事が一覧して見渡せるだけでは無く、資料請求までが、シンプルにできてしまう。

 当然、医療事務以外の介護やホームヘルパーの他、リフレクソロジストやカウンセラーなど、多様な資格取得の方法がガイドされている。今、注目されているだけでは無く、今後重要になる仕事。チャレンジするにはとても良いサイト。

posted by ぼへみあん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。